文章力が格段に上がる「伝わる文章」の書き方【必読】

「自分の書いた文章がうまく人に伝わらない」
「伝わる文章を書く方法を知りたい」
「人の心に響く文章を書きたい」
「もう一段階文章力のスキルを上げたい」

という方に
文章力を上げ、伝わる文章を書く方法を解説していきます。

僕も昔は文章がかなり苦手でした。
今もまだ、もっと実力を上げないといけないと思いますが、
それなりに書けるようになってきたのも事実です。

それは、
過去にライティング講座を受講したり、
web上でコピーライティングの学習をしたりと
文章スキルに関して多くの時間を使ってきたからです。


今回は、
僕がこれまで学んできた中でも
これは重要だと思うものも紹介しています。


文章に関してより本質的な話をしつつ、
文章が苦手な方に陥りがちなパターンや改善方法に関しても、
紹介しているのでぜひ読んでみてください。

 

【書く前に必読】まずは「文章」を深く理解しよう

書く前にままずは
文章に関して理解しておくべきポイントを解説していきます。

これを理解して書くのと、
知らずに書くのとでは、
文章のクオリティがかなり変わってきます。

ぜひ読んでみてください。

 

文章には必ず「主張」が入っている

文章には多様な種類が存在します。

ブログ記事、SNS、メルマガ、プレゼン資料、提案書、報告書、ビジネスメール、キャッチコピー、チラシ、雑誌、セールスレター・・etc


どんな文章であれ共通していることは
必ず「主張」が入ってるということです。

仮にメール1つ送信するときでも、
意識はしていないかもしれませんが、
そこには主張が入っています。

  • 自分は何を伝えたいのか
  • 相手にどうなってほしいのか


これが主張であり、
文章に組み込まれているものです。

「わかりました。」
というメール一つを送るのも

相手に「理解したよ」という
”主張”を伝えていることになります。

まずは
「文章には必ず主張が入っているんだ」
ということを理解しましょう。

 

人が文章を書く目的は3つ(理解・共感・行動)

次に理解しておくべきポイントは、
文章を書く目的についてです。


人が文章を書く目的というのは、
3つ存在します。


それは

  • 理解(してほしい)
  • 共感、同意(してほしい)
  • 行動(してほしい)


この3つです。

文章が苦手だったり、
人に伝わらない文章になってしまうのは、
「目的」がはっきりしていないからです。


目的がはっきりしていないと、
文章もぼんやり、曖昧になってしまいます。

読み手に

  • 理解してほしいのか?
  • 共感、同意してほしいのか?
  • 行動してほしいのか?


これから書く自分の文章は
3つのうちどれなのか?

目的をはっきりさせる必要があります。



文章を教える人たちは
伝わらない文章に対して、

「それは言葉の使い方がおかしい」
「それは文章の構造が問題だ」

という人が多いです。


もちろん、
それは間違いではありません。

間違いではありませんが、
文章を書く目的がはっきりしていないからの方が、
より根本的な問題です。


目的がはっきりしていない状態で、

いくら構造や言葉の使い方を改善した所で、
本当の意味で相手に伝わる文章にはなりません。


「自分がこれから書く目的はなにか?」

文章を書く前にこれを決めておきましょう。

 

人の心に響く伝わる文章には必ず「why」がある

このトピックでは

「自分の思いや情熱が伝わる文章を書きたい」
「人の心に響く文章を書きたい」
「人に影響を与える文章を書きたい」

という方に対しての話になります。


ただ単にビジネスメールでの文章力や
情報を整理して伝える文章力を高めたいという方は
このセクションに関して飛ばしてもらって大丈夫です。


スピーチでもプレゼンでも文章でも、

人の心に響く発信ができる人には共通点があります。

 

それは
「why」から語る
ということです。

これに関しては
ぜひ見て欲しい動画があるので、こちらをどうぞ↓↓

「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」サイモン・シネック

いかがでしたか?

多くの人や企業はwhatやhowばかり語りますが、
行動を促す優れた人たちは、
「why」から語ります。


「why」から語ることは
マーケティング戦略としても使えます。


人間は感情で行動を決断し、あとから理性で正当化します。


Macのパソコンを買う決断をするのは感情です。

  • なんか好き
  • なんかイケてる
  • なんかおしゃれ
  • Appleの世界観が好き

とか。

スペックや値段は後から理屈で正当化しているだけです。

スペックが高くて値段が安いパソコンなら
Apple以外にも普通にありますからね。


文章も
感情に訴えないかぎり、
相手の心に響くパワーのあるものは書けません。

だからこそ「why」。

これをしっかり理解しておきましょう。

どういう言葉を使ってwhyを表現するかは大事なことです。
こちらも参考になる記事なのでよければどうぞ

あなたの文章が読まれない理由。心をつかむキャッチコピー3つの考え方

人の心に残るキャッチコピーの作り方 ディズニー編

 

伝わる文章の書き方

ここまでは、文章を書く前の前提知識について解説しました。

ここからは、
いよいよ伝わる文章の書き方についてです。

 

まずは基本形を・・「PREP法」

文章には様々な型があります。

その中でもまずはPREP法をオススメします。

PREP法は検索すると色んなサイトで紹介されており、
書く、話すなど、コミュニケーションにおける典型的な型です。

僕も過去のコミュニケーションに関する記事で
PREP法について触れています。

コミュニケーション能力を着実に向上させる秘訣と方法

 

ここでも少し解説します。

PREP法とは

  1. P(Point):結論、主張
  2. R(Reason):理由、根拠
  3. E(Example):具体例
  4. P(Point):結論、主張


この順番で文章を書くことです。

なぜこの方法で文章を書くと伝わりやすいのか?

なぜなら
人は結論から話をされた方が
全体像や目的がわかって、
その後の説明も理解しやすくなるからです。

具体例を挙げてみましょう。

  1. P(Point)
    「”ミラーリング”を使うと人から好意をもらいやすくなります。」

  2. R(Reason)
    「なぜなら人間には”類似性の法則”という、自分と似た人に対して親近感や好意を抱きやすい心理を持っているからです。」

  3. E(Example)
    「例えば、相手が飲み物を飲もうとしたら自分も飲む。相手が笑ったら笑う。といったように相手と同じ動作をすることです。」

  4. P(Point)
    「これがミラーリングです。ぜひ使ってみてください。」
 

文章がわかりやすく伝わりませんか?

まずはこの型を使って文章を書く事に慣れていきましょう。

慣れてきたら他の型も使ってみましょう。
他の型についてはまた別記事で紹介させてもらいます。

色んな型を知ると、
書くのが楽しくなってくると思うので。

まずは「守破離」の「守」から始めましょう。

 

文章は「one massage」にする

ブログ記事にせよ、
ビジネスメールにせよ、
セールスレターにせよ、
伝えるメッセージは1つにしましょう。

読者を混乱させないためです。


文章を書いていると、

「あ、あれも書いときたいな」
「この話をするならこの話もしておくといいかも・・」

と追加したい文章が増えてしまい、
メッセージが複数になる場合があります。


メッセージが複数になると、
読者は混乱します。


コピーライティングの世界では
「混乱した脳はNOと言う」
という言葉があるように、

せっかく一生懸命書いて文章を増やしたのに

「この人は結局なにが言いたいんだろう」
「なんかよくわからない文章だったな」

と思われてしまいます。


それは勿体ないことなので
もし、書きたいことが出てきても
ぐっとこらえてメッセージを頑張って1つに絞りましょう。

 

主張を伝えるときは譲歩構文を使う

文章には必ず主張が入っていると解説しました。

伝わる文章が書けない人
心に刺さる文章が書けない人

の特徴として
「主張がどこに書いていあるのか読者に伝わっていない」
という可能性があります。

 

例えば
「野球はチームスポーツだ」
という自分の主張があるとします。


ですが、
多くの文章で陥りがちなのが、
これが筆者の主張だと認識されていない
ということです。


認識されていないとはどういう状態か?

それは
”自分の主張”が”社会の常識やルール”
にすり替わっている状態になっている
ということです。

つまり
「野球はチームスポーツ」
というのが

自分の主張ではなく、
社会の一般常識、ルールとして
捉えられているということです。

 

「ラーメンの決め手は麺だ」
という主張を書きたいときでも

「あ、ラーメン業界では麺がラーメンの決め手なんだ~」
と業界のルールだと認識されてしまう場合があります。


伝わる文章や心に響く文章を書くためには、

自分なりの視点で主張や意見を伝える必要があります。


自分の主張が主張だと認識されてないと

個性や雰囲気が読者に発揮されません。


しっかり自分の主張を理解してもらうことが、
相手の心に響く文章を書くことができる
第一歩になります。


では、
自分の主張を
正確に把握してもらうためには
どうしたら良いのか?

それが
「譲歩構文」
を使うことです。


譲歩構文とは
「たしかに~だ。しかし私は〇〇だ」
のように、

一般論や常識、反論したい意見を前半で入れつつ、
後半でそれとは異なる自分の主張を入れることです。

 

例文をいくつかあげてみます。

  • 「野球は個人能力が大事だと言われるが、私はチームプレーだと思う。」
  • 「たしかにスポーツは技術が重要だが、私はメンタルだと思う。」
  • 「たしかにそのやり方は今は通用するかもしれない。だが、5年後は通用しないと思う」


この譲歩構文を使うと、

文章の後半が自分の主張であることを
読者に正確に伝えることができます。

自分の主張をしっかり伝えられている
という自信がまだない人は、

譲歩構文の型を使って
表現すると良いと思います。

ぜひ練習し実践してみてください。

 

「主語と述語」「修飾語と被修飾語」は近づける

伝わりにくい、わかりにくい文章に多くあるのが、

  • 主語と述語が離れている
  • 修飾語と被修飾語が離れている

ことです。

これらは
できるだけ近づけて書いてください。

離れていると文章の意味がわかりにくくなったり、
読者に違う意味で伝わってしまうこともあるので、
要注意です。


悪い例をあげてみます。

まずは主語と述語から。

 

<悪い例文>

「私は3年前から海外に憧れ、将来は移住して海の見える場所でのんびりと暮らしていきたいと思い英語の勉強を始めた。」


この例文だと主語(私は)と述語(英語の勉強を始めた)の間に
情報が多すぎて
文章の意味がわかりにくくなってしまいます。

  • 3年前から海外に憧れたのか?
  • 3年前から英語の勉強を始めたのか?


どちらとも受け取れる文章になると、
読者は誤解して読んでしまいます。


ではこの例文を使って
主語と述語を近づけた表現に変えてみます。

<良い例文>

「私は3年前から英語の勉強を始めた。昔から海外に憧れ、将来は移住して海の見える場所でのんびり暮らしていきたいと思ったからだ。」


主語と述語を近づけたことで
すっきりとした文章になります。



修飾語と被修飾語も同じです。

こちらも例文をあげてみます。

<悪い例文>

「新しいアメリカの研究機関で開発されたトレーニング方法」


一見、問題のなさそうに文章に見えますが、

もし、
「新しい」の言葉が「アメリカの研究機関」ではなく
「トレーニング方法」にかかる言葉だとしたら
読者に誤解を与えてしまいますよね。

正解はこちらになります。

<良い例文>

「アメリカの研究機関で開発された新しいトレーニング方法」


近づけて書かないと
間違った意味になってしまうので要注意です。

これを理解しておくと

  • わかりやすい
  • 伝わりやすい
  • 誤解されにくい


文章が書けるようになります。
ぜひ活用してください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

文章力を上げるテクニックというよりも
文章に関する根本的な話を
メインに解説したつもりです。

今回学んだことを活かして、
それぞれ自分のフィールドで活かしてもらえると
嬉しく思います。

「webライターとしてお小遣いを稼ぎたい」という人は
こちらの記事もどうぞ。

副業でWEBライターを始める方法【初心者・未経験者向け】