初心者が副業でWEBライターを始める方法【かんたん解説】

「webライターでお小遣いを稼ぎたいな〜
「副業を始めて収入を増やしたい!」
「webライターを始める方法を知りたい・・」
男性
男性

という方に
今回はwebライターの始め方をわかりやすく解説します。

僕はもともとライティングがかなり苦手でしたが、
勉強していく内に好きになり、
今ではライティングをベースにコンテンツの作成を行っています。


僕もたまに、
webライターとしての仕事を受注したり、
キャッチコピーのコンペに投稿することもあります。


気軽に始めらますし、
経験を積めばしっかり稼げるので
ぜひ記事を読んで実践してみてください。

 

副業webライターのメリット

副業でwebライターを始めるメリットはこの3点です。

  1. 時間や場所にとらわれず仕事ができる
  2. ライティングスキルが身につく
  3. 経験を積めば稼げる金額も上がる

 

時間や場所にとらわれず仕事ができる

パソコン1台とインターネットがあれば
webライターの仕事はいつでも、どこでもできます。

子育て主婦の方は在宅でできますし、
サラリーマンの方はカフェや隙間時間、
会社の昼休憩にも仕事ができるので、
気軽に始めることが可能です。

気軽に始められて
月に数万円のお小遣いが得られたら、
かなり嬉しいですよね。


人によってはwebライターを本業にして、
田舎や海外に移住をして執筆する人もいます。


そういった時間や場所を気にせず仕事ができるのが、
webライターのメリットです。

 

ライティングスキルが身につく

webライターのメリットはスキルが身につくことです。

スキルが身につけばもっと稼ぐことができます。

webライターでは

  • webマーケティング知識(SEO)
  • 分かりやすい文章力
  • コピーライティング力


といったスキルが手に入ります。

他の人にないスキルがあればその分、その人の価値は上がります。

しかもライティングスキルは
一生使えるスキルかつ、どんな仕事でも必要とされるスキル。

だから
勉強しておいて損はないし、
むしろ得しかありません。

 

経験を積めば稼げる金額も上がる

  • 経験を積む
  • ライターとしての地位を上げる

この2つで収入が大きく変わってきます。

 

・経験を積む

会社員であれば
労働時間の対価として給料をもらいますが、

webライターの仕事は
価値に対してお金を支払われます。


価値に対してお金を払うので、
8時間かけて1記事書こうが
30分かけて1記事書いても
報酬は同じです。

なので、経験を積み
短い時間で記事を作成できるようになれば
その分、時給も上がります。

たとえば、
1記事3000円報酬がもらえる仕事を
3時間かけて記事を書けば時給は1000円ですが、

1時間で記事を書けば時給は3000円です。

会社員やバイトで
時給2000円上げるのはほぼ無理ゲーですが、
webライターはそれが可能です。

 

・ライターとしての地位を上げる

webライターとしての地位をあげれば、
報酬も上がります。

webライターは基本的に1文字1円など、
文字単価で報酬が支払われます。

実績を積んでいけば、
文字単価を上げることも可能です。

今まで1文字1円の報酬だったのが、
1文字2円になれば
単純に報酬は倍になります。

このように

  • 経験を積む
  • ライターとして地位を上げる

ことを実践すると
レバレッジ(少ない労力で大きい成果を得る)の効いた仕事ができます。

以上が副業でwebライターを始めるメリットです。

 

副業webライターを始める手順【3ステップ】

ここでは副業webライターを始める手順を解説します。

手順は3つです。

  1. クラウドソーシングに登録(仕事を受注するサイト)
  2. ライティングの学習をする
  3. 仕事を受注する

 

クラウドソーシングに登録

まずはクラウドソーシングに登録します。

クラウドソーシングとは?
記事作成を依頼したい発注者と
記事を執筆したい受注者(webライター)とのマッチングサイトです。

ここで仕事を探し、受注します。

クラウドソーシングは基本的にこの3つを登録しておけば大丈夫です。

ランサーズ
クラウドワークス  
ビズシーク

登録はすべて無料です。
1サイト5分あればカンタンに登録できるので、
これだけはまずやっておきましょう。

 

ライティングの勉強をする

登録が完了したら、ライティング学習です。

学習に関しては
セミナー講義や本の多読といった
大量インプットは必要はありません。

最低限の基礎知識でOKです。

webライターとして稼げるようになったら
そのお金でさらに勉強していきましょう。


学ぶ教材は2つだけです。

  • クラウドワークスの無料ライティング講座
  • オススメの本1冊

クラウドワークスに登録すると無料で
ライティングの基礎講座をYoutubeで受けられます。

こういう動画講座って
イマイチなのが多いのですが、
これはオススメです。

僕も全部見て勉強しました。
こんな感じでYoutubeで学習できます。

 

学習手順ですが、

①クラウドワークスに登録するとマイページが開きます。

②「マイページ」画面の右下「スキル検定」をクリック

③「WEBライター検定3級」の「詳しくはこちら」をクリック

④「事前に講義動画を見る」をクリック

 

これでYoutubeの講義動画ページが開くので
勉強していきましょう。

 

そして、オススメの本1冊というのは
コレです。
とりあえずこの本を読んでおけば大丈夫です。

 

この本では

  • 正しい日本語の使い方
  • 正しい文章の書き方
  • キャッチコピー
  • SEO


といったことが学べます。

記事を作成するにあたりSEO
重要視する発注者さんもいます。

SEOとは?
GoogleやYahooで検索した時に
サイトを上位表示させるための戦略のこと

SEOを取り入れた記事が
書けるようになると、

報酬金額の高い案件も受注できるので
本を読んで基礎知識は知っておきましょう。

学習が終わればあとは受注です。

 

仕事を受注する

基礎学習が完了したら
もう仕事を受注しちゃいましょう。

「え?早くない?・・不安なんだけど・・」

と思うかもしれませんが、
実践して感覚がつかむ方が、
成果も成長も早いです。

仕事を受注する方法ですが、簡単です。
これもクラウドワークスを例に紹介します。

 

①クラウドワークスのマイページで「仕事を探す」をクリック

 

②左側の仕事カテゴリで「ライティング・記事作成」を選択すると案件一覧が表示されます。

③いい案件があれば「応募画面」をクリック

 

④応募条件を入れますが、最初は発注者さんの応募条件通りでOKです。

発注者さんと条件の合意が取れたら契約となり、
あとは記事を作成して納品するだけです。

他のクラウドソーシングもやり方は同じです。


実際に僕が体験してどのくらい稼げたのかをまとめた記事もあるので良かったら読んでみてください。

クラウドワークスは稼げるのか?実際に体験してみた【収益も公開】

 

副業webライターを始めるにあたり知っておくべきこと

副業webライターとして始めていく前に
知っておくべきことがあります。

それはこれらのことです。

  1. webライターはいくら稼げる?
  2. 文字単価1.0円以上を狙おう
  3. 文字単価交渉で報酬アップ
  4. 得意ジャンルの仕事を受注すると稼ぎやすい

 

副業webライターはいくら稼げる?

副業でwebライターを始めたら
どのぐらい稼げるのか?

平均すると3万~5万程度です。

少ないと思うかもしれませんが、
サラリーマンが給料を3万あげるより、
難易度はかなり低め
です。


それに月3万の臨時収入があれば
生活もかなり楽になると思います。

しっかりスキルを積めば
平均以上に稼ぐことももちろん可能です。

やる価値は存分にあります。

 

文字単価1.0円以上を狙おう

文字単価が1.0円以上の案件を狙いましょう。

初心者歓迎という表示で
文字単価0.2円とか0.5円の案件もあります。


1.0円の案件も0.5円の案件で
2倍に難易度が高いのかといわれると
対して変わりません。

最初の実績作りとして、
0.5円の案件をこなしていくのはアリですが、
ずっと続けていくのはやめましょう。

稼げる金額が低いので。

 

文字単価交渉で報酬アップ

同じ発注者さんにある程度の記事本数を
納品して実績が作れたら、

文字単価アップの交渉をお願いしてみましょう。

実績を作った分、
あなたのライターとしての
価値は上がっています。

発注者さんも

「これだけ良い記事を書いてくれたらあげないとな・・」

と思ってくれる場合も
往々にしてあります。


文字単価1.0円で
5000文字の記事を作成すれば
報酬は
5000円です。

もし仮に、
発注者さんに交渉をして
文字単価が1.2円になったらどうでしょう?

1.2円 × 5000文字 = 6000円

同じ作業をしているのに
1000円の差がつきます。

これを
5記事書くと5000円の差がつきます。

やればやるほど金額には差がつきます。

なので実績をつくったら、
その分しっかりと交渉してみましょう。

 

得意ジャンルの仕事を受注すると稼ぎやすい

自分の得意ジャンルの案件を受注すると
記事の執筆時間が減り、

短時間でより多く稼げるようになります。

その理由は

全く知らない業界の記事を書くとなると、
その業界のことをそれなりに知る必要があります。

男性がいきなり美容エステの記事を書くのは
難しいですよね。


ということは、
記事を書く前に
リサーチが必要になってきます。

もちろん、
それはそれで勉強になるのですが、
得意ジャンルを攻めれば、
リサーチの時間を省くことができます。

クラウドソーシングには
様々なジャンルの案件があります。

ビジネス、FX投資、恋愛、スポーツ、スマホアプリ、不動産、youtubeやLINEのSNS、仮想通貨、体験談、笑えるネタ話・・etc

など、
ここでは数え切れないくらい存在します。

選ぶジャンルとしては

  • 自分が好きなジャンル
  • よく知っているジャンル
  • これから知っていきたいジャンル


こういったジャンルで
記事を書いていくことをオススメします。

 

副業webライター始める前に心がけておくべきこと

ここでは
副業でwebライターを始めるにあたり
心がけておくべきことを書いていきます。

この3つです。

  1. 最初は記事作成に時間がかかる・・継続が超重要
  2. スキルを身につける意識を忘れず
  3. なれてきたら自分のブログを解説しよう

 

最初は記事制作に時間がかかる・・継続が超重要

最初は記事執筆に時間がかかります。

人によっては1記事書くのに3、4時間かかるかもしれません。


「え~4時間かかって1000円か~、
       あんま稼げないな・・」

と挫折するのは間違いです。

最初は”必ず”時間がかかります。”必ず”です。


それでも継続していけば
スキルは確実にアップしていくので、

4時間かかってたのが2時間
2時間かかってたのが1時間になっていきます。

ですが、
webライターを始めた人の
80~90%くらいの人が
”最初”で脱落していきます。

いま、webライターで活躍している人も
最初は全然書けていません。


それがなぜ、
いま活躍できるているかというと

”継続”したからです。

最初は時間がかかって当たり前、
成果が出なくて当たり前だと思って、
半年は続けましょう。

まず半年続けられる人がいません。
しっかり継続すれば確実に成果は得られます。

 

スキルを身につける意識を忘れず

ライティングスキルは一生使える資産です。

常にスキルを磨くことを意識しましょう。


webライターやコピーライターの市場は
人が少なく需要の多い仕事です。

そして、
上手に書けるライターが
少ないのも事実です。


向上心を持ってスキルを磨けば、
市場価値の高いライターとして
めちゃくちゃ必要とされます。

そうすれば、
高額案件のオファーも来るので、
より少ない労力で
多くの収入を得ることが可能になります。

ぜひスキルを磨く意識を持っておきましょう。

 

慣れてきたら自分のブログを開設しよう

webライターとして仕事に慣れてきたら、
そのスキルを活かして
自分のブログサイトを立ち上げましょう。

ブログは、
アドセンス広告やアフィリエイトといった
ビジネスモデルを組み合わせることで

より多くのお金を稼ぐことができます。

トップブロガーだと
月500万とか稼ぐ人もいます。

まあそこまではいかないとしても、
月に10万稼げたらかなり嬉しいですよね。


しかも、
ブログの良い所は、
ほっておいても
勝手に収益が発生する所です。

良質な記事(コンテンツ)を作って
アドセンス広告アフィエリエイト
うまく組み合わせてブログ運営すれば

それなりに稼ぐことができます。


「いずれはフリーランスになりたい」
「いずれは起業を目指してる」

って人は

webライターと
同時並行でブログも開設すべきです。


「いきなりそれはハードルが高いよ〜」って方は、
しっかりwebライターとしての仕事を頑張っていきましょう。

ブログの解説方法ははこちらです。

【完全初心者向け】稼ぐブログの始め方。画像付きでカンタン手順解説。

 

まとめ

webライターになる手順は

  1. クラウドワークスに登録する
  2. ライティングの勉強をする
  3. 仕事を受注する


この3つです。

新しいことにチャレンジして成功するには、
「最初の一歩」と「継続」が大事です。

これを読んだあと、
ぜひ、最初の一歩を踏み込んでください。

チャレンジする人生の方が
きついこともありますけど、
絶対楽しいですよ。