Men's Essential

Today's topic あなたの最大の弱点

【The Instinctive Attraction】
~女性の本能が無視できない”本能的魅力”の秘密~
>>>レポートのダウンロードはこちらから<<<
>>>音声のダウンロードはこちらから<<<

From:ナカムラショウ
福岡市、自宅の書斎より ・・・

 

ナカムラショウ

どうも、ナカムラショウです。今日は、

>>ヘタレ(負け犬)からの脱却
>>女性を「克服する」の意味
>>全ての男に共通する最大の弱点
>>「実は、お父さんが僕を産んでくれました」

こんなトピックでお送りします。
ぜひ最後までお付き合いください。

 

☆この記事は音声版も用意されています。
下のオーディオの再生ボタンを押すと音声が始まります。
流し聞きなど、自由にご活用を。

>>>音声のダウンロードはこちらから

・・・

 

男には、

「男としての」成幸の形

があると思っています。

男として生まれてきた以上、
目を背けてはいけない、
“成幸の形”があると思っているのです。

この辺りは【TIA】の中でも触れていますが、
自分の中に宿る、オスとしてのDNAを
裏切るような真似は絶対にしたくありません。

 

少し前に「草食系男子」という
言葉が流行りましたが、

個人的には、“糞”だと思っています。

男子なのに草食系とかって、
「誰得」なんですかそれわ。

こんな言葉が流行ってしまって、
女性はみんな迷惑してますよ。

「草食系とかかわいー」

なんて言葉では肯定してるように見えても、
彼女たちのメスの本能は完全否定です。

 

・・・

 

今日は大事な話をいくつかしますが、
あなたに最初にお伝えしたいことはこれです。

 

「俺はヘタレから脱却する」
と心に誓え!

 

急にヘタレと言われて
ムッとさせたかもしれないし、
あなたはヘタレではないかもしれないけれど、

であっても、これはどうしても
言っておく必要があるのです。

かつての僕には、自分がヘタレだという
認識はありませんでした。

恋愛をはじめ人生全般上手くは
いっていませんでしたが、
自分のどんな思考や行動パターンが
「ヘタレ的」なのかを全くわかっていなかった。

これが問題でした。

 

例えばですよ。

>>>女性からいつも「いい人」と
評価されるが、
そこに疑問は持たず、
むしろそれを言われて
まんざらでない

こんな男はどうでしょう。

「いい人」と「いい男」は意味が全く違います。

女性がいう「いい人」イコール、
「毒にも薬にもならないつまらない男」

これが現実です。

 

>>>男が率先して決めなきゃならん
大事な場面で、
女性に
「どうする?」と必ず訊いてしまう

これはどうでしょう?

例えば、
初回デート時の店選びを女性に任せるとか
基本的にやってはいけないことです。

相手の好きな食べ物とか行きたい店とか、
ハズすと申し訳ないとか思って女性任せに
してしまうんだと思いますが、これは間違い。

なぜなら女性は、男性の経済状況も
割り勘かどうかもわからない状態で店なんて決めにくい。

だからそこは男性に決めてほしい。

こんな風に思っているわけです。

空いたグラスを指差して「何飲む?」と
訊いてあげる優しさとは意味が違います。

 

それと、ホテルに連れ込めるかどうかの場面で
「ど、どうする?苦笑」と女性に訊くとか最悪です。

 

女性は
守るものが多いんですよ。

 

簡単にセックスを了承すると
軽くて安い女だと思われてしまうとか、
色々考えているんです。

色々と言えないことがあるんです。

だから心の中では「YES」でも、
「ホテル入る?」と振られて
「入ろう」なんて答えられるわけがない。

この場合、
「こんな誘われ方したら誰だって断れないわ」
と後から(友人にも自分自身にも)言い訳
できるような誘い方をしてあげる。

そんな連れ込み方をしてあげるのが、
この場合の優しさであり、正解です。

 

・・・

 

どうでしょう。

ほんの一例でしたが、あなたは
こういう視点で女性に対応できていましたか?

 

とにかく。

自分の内面磨きはそっちのけで、
いかにして女性とセックスできるか、
みたいなことしか考えていない

「女性を落とす会話テンプレート」
「女性を惚れさせるLINE会話集」

こんな、インスタントなノウハウや
テクニックばかり追い求めてしまう。

問題そのものや、問題解決の手段を、
自分の外側にしか「見ることが」できない、
自分の外側にしか「求めようと」しない。

そんな男が多すぎて震えてしまいます。

 

とか偉そうに言う僕もかつてはそうでした。

とにかく、

 

ヘタレは往々にして、
“自分にしか”
矢印が向いていません。

 

「いい人」だと評価されるということは、
それなりに優しく振舞っているの
だとは思いますが、その優しさが
女性にとっては何も響かないわけです。

なぜかというと、

女性に対するエンターテイメント精神が欠如

しているから。

女性が苦手で、嫌われるのが不安で、
それで自分が傷つかないために、
とりあえず優しくするしかない。

というのが多くの男の心の声です。

厳しい言い方ですが、
結局は自分のことしか考えていない、
という残念な結論に至らざるを得ない。

本当に厳しい意見ですが、
これをヘタレだとすると、
おそらく世の中の9割はヘタレでしょう。

ただ、僕が勝手に厳しく言っているわけでも、
ハードルを高くしているわけでもなく、
実際に、世の中の女性はヘタレしかいなくて
嘆いているんです。

一緒にいるだけで、
膣の奥が熱くなって股が濡れて
くるほどの”いい男”なんて超レアキャラ

すぎて、本当に、本気で悩んでいるんですよ。

 

本当のヘタレは、
自分の至らない部分に
向き合おうとせず、
見ようとすらしない

 

のです。

基本言い訳ばかりで、
問題そのものや、問題解決の手段を、
いつも自分の外側に求めているだけです。

こうなったらお終いですが、
これを読んでいるあなたはそうではないはず。

 

あなたは今、確かに僕のメッセージを
受け取っています。

まだ半信半疑かもしれませんが、
おそらくは真剣に読んでくれていると思います。

であれば、

あなたはこれから
いい男の階段を2段飛ばし
3段飛ばしで駆け上がって行く

ことになるでしょう。

本当ですよ。

だから、今ヘタレであることに問題は全くありません。

ありませんが、今のステージに問題意識は持って欲しい。

その必要は絶対にあると思います。

 

・・・

 

【TIA】の40ページ辺りに書きましたが、

僕は、ヘタレを脱却すると決め、
男としての本物のスキルを
手に入れることにフォーカスしたことで、
「女性に モテたい」という願望を
100%の形で達成することができました。

女性に求められる存在になれただけでなく、
ビジネスを通して経済的に成功しました。

お互いの傷を舐め合う=お互いの足を引っ張り合う

こんな見かけだけのクソ友達ではなく、
お互い100%のエネルギーで応援し合える
「心の友」と呼べる仲間達と出逢うこともできました。

 

なので、僕が教えられる分野は、
何も恋愛とか色恋だけではなく、

経済的に成功する方法や、
目標達成論、リーダーシップ等々も
守備範囲ですが、

やはり、あなたが男であるなら、
成幸するための最優先であり最重要課題であるのは、

女性を克服し、男としての本物の強さを手に入れる

これだけは外す事ができません。

(しつこいようですが、【TIA】が全ての
話の土台になっているので、まだ読んでいない
場合は、必ず完読するようにお願いします。)

 

ただ、一口に女性を克服すると言っても、
それは簡単なことではありません。

「女性の前で緊張しないようになる」

とか、そんなレベルの話ではないのです。

 

全ての男に共通する
最大級の弱点

 

を乗り越える必要が、そこにはあります。

 

これができた時、、、

あなたの目的は、

「たくさんのセックスを手に入れること」

ではなく、

「たくさんのセックスを手に入れられる男になること」

に次元が変わるし、

あなたのセルフイメージは、

「セックスしたいけどできない」

から、

「できるけど、今はあえてやらない」

の高いステージへ行くことになります。

 

「女性がいないと寂しい。生きていけない。」

から、

「女性はリスペクトしている。
でも、俺にとって”全て”ではない。」

この余裕と自信と自立心が、
本能的魅力の基礎でもあるのです。

 

全ての男に共通する最大級の弱点

とは一体何か?

答えを言いますが、それは

 

“女性”と”セックス”

 

この2つです。

 

好きな芸能人やアイドルはいますか?

ちょっとだけ想像してみてほしいのですが、

たとえば、今あなたが想像した
美女が、あなたの部屋に突然現れて、

「今からあたしを好きにしていいよ」
「30分限定だけど」

と言ってきたらどうしますか?

前提として

ヤった後に怖いお兄さんが出てきたりはなし。
金銭やその他の見返り的な要求は一切なし。

完全に安全が保証されている、
という設定で考えてみてください。

本当に「好きにして」いいのです。

どうしますか?

 

・・・

 

OKです。

もちろん、好きにするはずです。

 

では、もしあなたが1時間後に
大事な商談を控えていたとしたら、
どうでしょう?

今すぐにでも家を出ないと、
商談が台無しになってしまうかもしれません。

 

でも・・・。

 

あなたが正常な男なら、
身内を死んだ事にしてでも、
目の前の美女との楽しすぎる行為を選ぶと思います。

 

たとえ、

「好きにしてもいいけどその代わり、
 今日から3日間は何も食べられないよ」

と条件を出されたとしても、
おそらくあなたの気持ちは変わらないだろうし、

 

たとえ、

「やったら2日間一睡もしてはいけないよ」

と言われても変わらないと思います。

痒み止めのムヒを眼球に注入する覚悟を
決めてでも、やると思います。

 

・・・

 

怖い上司にこっぴどく説教されている
場面をイメージしてみてください。

その最中、前の席に座っている
可愛らしいあなた好みの

 

エロい女性事務員の
パンツが見えていた

 

としたらどうでしょうか?

ついでにパンツから何かはみ出していたら・・・

 

おそらく、脂ぎった上司の顔よりも、
パンツにレーザーフォーカス(一点集中)
すると思います。

逆に上司がパンチラを発見したとしたら、
部下を怒っている最中の彼のチャンネル
は一瞬で、パンチラに変わるはずです。

どんな男でも一緒です。

力を持った権力者や、
人望の厚いリーダーでも同じです。

権力者やリーダーが起こすトラブルと
言えば、大抵は”女性絡み”なのです。

歴史をみても明らかです。

 

いいですか?

 

男にとってのセックスは、
最大の興味・関心事であり
“弱点”

 

なんですね。

どんな男でも、

“性”

が引き起こす感情には逆らえません。

たった一回のセックスで
人生を棒に振る人間もいるし、

親友や家族を裏切る人間もいるし、

大金を失う人間もいるし、

何年も刑務所に入る人間もいるんです。

性的感情・衝動はコントロール困難です。

性的エネルギーは、
人間の原始欲求の中で最も強いものです。

「原始欲求」・・・つまりは
“3大欲求”と言われるものですが、

【食欲・性欲・睡眠欲】

この3大欲求が満たされないと、
人は生きていけません。

その中でも特に、性欲が強いのです。

 

この世で一番強い
パワーを持った欲望は
“性欲”

 

だと言っても過言ではない。

食べなければいつか死んでしまいます。

眠らなくてもいつか死んでしまいます。

しかし、セックスしなくても死ぬ事はありません。

 

じゃあどうして性欲が一番強いのか?

セックスをやめてしまうと、
新しい命が誕生しません。

性欲がなくなるという事は、
種の存続に関わる問題です。

短期的に考えて、
死に直結している問題は食事と睡眠ですが、

人類規模で、長期的に考えた場合、
一番深刻なのは、性欲の問題なのです。

 

だから、性欲というのは、
人間の欲求の中で一番パワフルなんですね。

 

あなたはそんな
性欲をコントロールする
事が可能だと思いますか?

もし可能だとしたら、どうなるでしょう?

性的エネルギーをコントロール
できるようになったとしたら、
あなたはどう”なれる”でしょうか?

 

答えを言うと、、、

 

怖いものがなくなります。

 

何でもできるようになります。

 

「土下座してでもセックスしたい」

と思えるS級美女が放つ魅惑のオーラ。

これをものともしない強い男になれるのです。

 

いつも冷静で自分を見失う事がなく、
感情に自分を支配されておらず、
自分の信念に生きている。

 

これが「イイ男」なのです。

イイ男になる事ができるということです。

「セックスなんていつだってできるさ」
「でも今は、あえてやらなくてもいいんだ」

この自信と余裕と冷静さ。

この「態度」を持つ事が、

 

“女性(セックス)を克服する”

 

ということなのです。

 

「やりたい!・・・でもやれない!」

これが普通の男です。

女性に「いい人(=ヘタレ)」と
評価されてしまう男の心の声です。

 

「今だったらやれる!
 うおーーー絶対やるぞ今すぐやるぞ!」

これもヘタレ。

状況は違いますが、どちらもヘタレです。

もっというと、

 

ヘタレは負け犬です。

 

結局、どちらも感情をコントロール
できていないということです。

感情に完全に支配されているということです。

 

「お前とはいつでもセックスできるよ。
 でも、今はやらないよ。やってあげない。
 俺は、俺のしたい時にするんだよ」

周囲からちやほやされている
「生意気な」超S級美女を前にして、
これくらいの事を「上から」言える。

このレベルの男を、
とりあえずの目標にしてほしいと思います。

「言えるくらいの」男ですよ。

実際に言うんじゃないですからね。

その時が来たら、
是非「背中で」語って欲しいと思います。

 

我慢ができる男になれとかそんな話ではありません。

 

「その気があれば、一撃で口説き落としてセックスを手に入れられる」

 

本能的魅力をマスターすれば、
こんな事は”当たり前”なのです。

でも、そんな事はどーでもいいんです。

口説きたいなら口説けばいい。

セックスしたければすればいい。

重要なのは、あなた自身が、

感情をコントロールできているかどうか

ということです。

そして、それは言い換えると、

“信念”で生きているかどうか。

という話になってくるのです。

「信念で生きている」事が重要なのです。

従うのは、自分の信念。
決断は、自分の信念。
生きるのは、自分の信念。

 

・・・

 

性的衝動・情動を
乗り越える(克服する)プロセスにおいては、

「どんな事にも物怖じしない冷静さ」
「セルフマネジメント能力」
「圧倒的に高いセルフイメージと自信」

このようなスキルが自然と養われます。

 

恋愛、女性、セックス・・・
というレベルの話ではなく、
ビジネス、あらゆる人間関係、
すべての環境で成功できる能力が
効率良く身につきます。

ですから、恋愛はもちろん、
ビジネスや人間関係など、
トータル的に成功したいと
思っている場合も、男の弱点である

「女性」と「セックス」

を克服することが最初のステップだ、と。

こう言っているわけです。

 

あなたが男であるなら、
ここを避けて通ることはできません。

避けて通ってはいけないと思います。

 

「実は、お父さんが私を産んでくれました」

 

という人はいないと思います。

僕らは女性から生まれて来ました。

女性が僕らを産んでくれたのです。

彼女たちは全員、
「死のリスク」を取って、
僕らを産んでくれました。

 

だから僕らは、女性を

“リスペクト”

しないといけません。

 

・・・と同時に、

“女性を守らなければいけない”

とも思います。

 

そのためにも僕らは、
強い男になる必要があります。

女性が怖い
女性が考えている事がわからない
女性にコンプレックスがある

こんなヘタレのままでは、
女性を守ることはできないし、
男として成功する事など無理です。

綺麗事ばかりではありません。

 

“本能的魅力を持った強い男になる”

 

このプロセスは、綺麗事ばかりでは
達成できない事を、僕はよく知っています。

人に言えないような恥ずかしい経験もします。

強くなろうとするが故に、
女性を泣かせるような真似をし、
傷つけてしまう事もあります。

(結果として)踏み台にしてしまう
女性も、一人や二人ではないかもしれません。

 

本末転倒だと言われそうですが、
それでも僕らは、強い男に
ならなければいけない。

“イイ男”になる必要があるのです。

 

恥ずかしい思いをした・・・。

本当は守るべき女性を傷つけた・・・。

今の俺は、これまで踏み台に
してしまった女性の上に成り立っている・・・。

 

でも、全部背負って生きていくんです。

その先に沢山の人を幸せにできる
未来が在ると強く信じられるのなら、
色んな負の遺産を背負う覚悟を決めてください。

 

沢山の女性と
一夜を共にする。

 

その覚悟は決めてください。

一夜を共にした女性の多くとは、
別れが待っているかもしれない。

でも、その覚悟も決めてください。

色々なものを乗り越えながら、
確実に、強くなる。

この覚悟を決めましょう。

 

何度も言いますが、

“信念”

に生きてほしいと思います。

信念に生きるんだと“決めて”ください。

何事も、「信念で」決断してほしいと思います。

 

・・・

 

僕ら男が、男として、
人生で何かを成すには、
女性と言う存在は絶対に避けては通れない。

これだけは絶対です。

女性というフィルターを通してしか
得られない“強さ”があります。

女性というフィルターを通してしか
気付く事のできない“学び”があります。

たとえば、ビジネスで成功すると、
自信がつくし、
セルフイメージも上がるし、
ステータスも高くなります。

ビジネスで成功することで、
そういうモノが手に入ります。

 

一方で、

 

“女性を克服し、愛されるようになる”

 

これを達成することによって、
同じようなモノは手に入ります。

しかし、同じように見えて、
女性を克服する事で手に入る“モノ”は、

ビジネスや趣味やスポーツ等
といった営みからは得られない、

ある意味「特殊な」自信を、
セルフイメージを、ステータスを
与えてくれます。

何が特殊なのかというと、
実は僕もよくわかっていないのですが、

多分、きっとそれは

 

“オスとしての存在価値が高まった”

 

という、本能的な”進化の証”
なんじゃないかと思わずにはいられません。

 

結論を言いますが、

僕ら男が人生で成功するため
には、先ず女性を克服する事に
目を向けるのが結果的に早いです。

これは、自分自身の経験や、
これまで教えてきた人たちの経験を
垣間見て得た確信です。

 

全ては繋がっている…

『感情をコントロールするスキル』

これを身に付けるプロセスは、

“人間理解能力”

を身に付けていくプロセスでもあります。

女性、他人、そして自分自身の
深層心理を理解するという事です。

人間理解スキルがある程度のレベルに
なってくると、全てが“繋がってくる”
感覚を覚えます。

好きな女性を口説き落とす事も、
先輩や上司に可愛がってもらう事も、
大切な仲間に認めれる事も、
お客さんに選ばれる事も、

「すべて繋がっているんだ」

という事が腑に落ちるのです。

見える景色が劇的に変わります。

思考が変わるから、感情が変わります。
感情が変わるから、行動が変わります。
行動が変わるから、習慣が変わります。
習慣が変わるから、結果や環境が変わります。

周囲のあなたへの評価も変わります。

自分自身への評価も変わります。

すべてが変わるのです。

 

わかりました。
じゃあ具体的に何をすればいいのですか?

という話になってくると思うのですが、

この質問に答えるとすれば、

 

“男と女の違いを知ること”

 

が、最初のステップです。

 

たとえば、男と女では生存本能が異なります。

 

男の生物としての使命は、

「より多くの種を蒔いて、より多くの子孫を残せ」

です。

 

しかし、女性の生物としての使命は異なります。

「より優秀な種をもらって、より優秀な子孫を残せ」

彼女たちのDNAにはこう書かれているです。

 

男は”量”、女は”質”

 

と覚えてください。

 

男の場合、
ストライクゾーンであれば
(多少外れていても)

初対面だろうが
街ですれ違った女性だろうが、
素性も性格も何もわからなくても
躊躇なくセックスできてしまいます。

本能的に「したい」と思うからです。

じゃあ女性が同じように
感じているかと言うと、それは「NO」です。

女性は、相手の男のステータス
(優秀か否か)を見て、
その男の精子を受け入れたいか
どうかを判断します。

心理構造に決定的な違いがあるのです。

性的な特質が違うのです。

もっと言うと、男と女とでは

 

セックスにおける”リスク”

 

に決定的違いがあります。

男は好きなだけ種をばらまき、
同時に何人もの女性を受精させる
ことができますが、

女性は一度妊娠すると、
約10ヶ月間は他の男の精子を
受精することができません。

10ヶ月間、体調不良や様々なリスクと
隣り合わせの生活を余儀なくされます。

出産するにしても、
出産をあきらめるにしても、
自らの命のリスクはゼロにはなりません。

一生、子供が産めなくなってしまう
恐ろしい可能性からも逃げられません。

セックスに対する重みが、
男性のそれとはわけが違うのです。

 

いいですか?

今言ったような、

“男女の本質的な違い”

を最初に学んでおくと、
後から入ってくる知識やノウハウの
吸収率がまったく違うものになります。

「どんなセリフなら好感度が上がりますか?」
「どんな口説き方で成功率が上がりますか?」
「どんな場所へ連れて行けば口説けますか?」

・・・もういい加減やめましょう。

みんな小手先のテクニックが大好きです。

でもハッキリ言って意味がないです。

すべてのテクニックを生み出しているのは、
すべて「マインド」という土台です。

上手くいっている人は、
マインドがあるからテクニックを
使いこなすことができているのです。

マインドがない男がテクニックを
使って上手くいくはずがありません。

 

マインドがない小手先にテクニックなど犬の糞以下の価値しかありません。

 

僕が「本能的魅力」と言っている概念は、
その本質的な土台の一つになります。

だから、この講座では、それを
ステップバイステップで教えるのです。

 

これを書いていて今思い出したのですが、、、

女性にモテるためには先ず、
男女の違いを理解しろって話をしましたよね。

もう一つ、有効な手段がありました。

『女性にモテたいなら、女性が書いた漫画を読め』

です。

男の作者じゃなくて、
“女性が作者”の漫画を読んでください。

これは、多くの人が気付いていない
視点なのですが、女性が思い描く理想の
男像がそこにはあります。

僕が特にお勧めするのは、
矢沢あいさんという方が書いた
「NANA」という漫画です。

これに出てくる登場人物、
特に『やす』と『たくみ』は、
本能的魅力の見本とも言えるキャラです。

『やす』と『たくみ』。

キャラ的にはまったく異なる
のですが、本能的魅力を持っている
という点で共通しています。

この視点で読むとかなり勉強になると思います。

作品としても十分に面白いので、
少女マンガだと馬鹿にせず、
ぜひ一度読んでみてください。

 

じゃあ今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

最初からちょっと長くなりすぎて申し訳ない。

 

明日は、

 

知らないとヤバすぎる
7つの”ド”基本

 

という、これまた重要な話をしたいと思います。

この概念を理解していないと、
あなたがどんなに高度なテクニックを
持っていても、ただの気持ち悪い奴に
なってしまう恐れがあります。

それではまた明日。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Men’s Essential
ナカムラショウ

 


 

【バックナンバー】