モテたいと思う男性ほどモテない?モテ男になる5つの方法

motetaiotoko

女性にモテたいけど自分の外見は普通、もしくはそれ以下。
イケメンじゃなくてもモテる方法ってあるの?
モテる男になって可愛い子とデートしたいな。

男性であれば、誰しも「モテたい」と思う気持ちがあるものです。

その反面、

モテるために何をしたらいいかわからない。
という人も少なくありません。

モテると思って取った行動が逆効果になってしまう場合もあります。

そこで今回は、
「モテたい男がモテる男になる方法」と題して、モテる男性になる方法について話します。

具体的な内容はこちらです。

  • 「モテる男」が持っているものとは?
  • 「モテたい」という気持ちが強い人ほど女性が離れる理由
  • 「モテる男」になるための5つ方法


今回紹介する5つの方法は、今日から始められることもあります。
ぜひ、参考にして取り入れてください。

「モテる男」とは?

世の中では
「マメな男がモテる」
「優しい男がモテる」
と言われていますが、はたして本当でしょうか?

もちろん間違いではありません。

間違いではありませんが、

マメだから必ずモテる、
優しくしたから必ずモテる、

というわけでもありません。

マメじゃなくても、優しくなくても、
モテる男性はいます。

まずは、
モテる男は、他の男と何が違うのか?

それについて考えてみます。

 

「モテる男」は魅力をもっている

motetaiotoko

女性にモテる男には例外なく、
”あるもの”を持っています。

それは「魅力」です。

「魅力」と聞くと、意味がぼんやりしますが、
”相手の気持ちを惹きつけ、夢中にさせる力”だと考えてください。

 

「なぜか気になる。」
「なぜか注目してしまう。」

そんな風に、女性を魅了することができてしまうのが、モテる男です。

そして、ここが大事なことですが、モテる男は、
1つの魅力だけじゃなく、よりたくさんの魅力を持っている
ということです。

・魅力が1個しかない男性
・魅力が10個ある男性

どちらがモテるのかといえば、魅力が10個ある男性です。

モテるためには、より多くの「魅力」を持つことが重要になります。

 

収入、学歴、顔、身長などは魅力の1つでしかない

男性の中には、
「自分は収入がないからモテない。」
「自分は見た目が良くないからモテない。
という人がいます。

それは半分正解、半分間違いです。

先ほどの説明を思い返してもらうと理解できます。

収入、学歴、顔、身長…。
これらはたしかに魅力の1つです。

ないよりも、あった方がモテます。

ですが、
それと同時に、魅力の1つでしかないということです。

顔や身長といった魅力は、努力して手に入るものではありません。

ですが、自分で努力して獲得できる魅力は他にたくさんあります。

たとえば、
自信、勇気、コミュニケーション能力、紳士的、優しさ、ユーモア、運動神経、専門的スキル、信念…。
といったものです。

だから、
イケメンじゃないからといって、モテないことはありません。

それ以外の魅力を多く手にすれば、イケメンよりモテることも可能です。

補足情報

よくテレビや動画のインタビューで女性が、
「イケメンが好き」と答えてますが、女性は言葉で言うほど、男性の外見を重視していません。

女性はもっと別の所を見ています。

反対に、男性は女性の外見を重視しています。
見た目を重視される女性にとっては、少し残酷です。

 

自分が獲得できる魅力にフォーカスする

したがって、モテない原因を
「おれは、顔や身長が悪いからだ」
というのは、間違いです。

頑張れば手にすることができるフォーカスすれば、
モテるようになります。

コミュニケーション能力や自信といった魅力は、
勉強し、実践すれば獲得できます。

できないことではなく、
自分ができることにフォーカスしましょう。

 

モテたい気持ちが強いほど女性から嫌われる3つの理由

motetaiotoko

ここで1つ注意があります。

それは、「モテたい」という気持ちが強すぎることです。

女性に良くない印象を与えてしまう危険性があります。

「モテたい!」が強すぎると、自分の言動がマイナスに受け取られてしまう場合があるので。

ここでは、モテたい気持ちが強すぎると嫌われてしまう3つの理由を紹介します。

 

①ナルシストに見える

1つ目の理由は、ナルシストに見えてしまいやすいからです。

モテたい気持ちが強すぎることで、
やたらと女性の視線を気にしたり、
「おれ、かっこいいでしょ〜」アピールをしてしまう。

すると女性に、
「うわ〜自分大好き男だ。気持ち悪い。」
「イタイ男だな〜」
と思われます。

ナルシスト自体は、決して悪いことではありません。
自分を好きになることは大切です。

ダメなのは、ナルシストを表に出すことです。

これが1つ目の理由です。

 

②下心が見える

2つ目の理由は、下心が見えてしまうからです。

モテたい気持ちが強い人は、それに比例して性欲も強いです。
より多くの女性と交わりたい、という欲求があるので。

性欲があることも、悪いことではありません。
むしろ健全です。

ですが、女性に「カラダ目当て?」と思わせてしまうと一気に引かれます。

女性は妊娠すると様々なリスクを抱えることになります。
カラダ目当ての男性と交わって妊娠するリスクは、できれば避けたい。

だから、下心が見える男性のことを嫌います。

モテたい気持ちが強い人ほど、下心が出やすくなるので注意が必要です。

 

③女性に嫌われることが怖くなり、消極的になる

3つ目は、女性に嫌われることが怖くなり、消極的になるからです。

モテたい気持ちが強いと、
女性に嫌われたくない気持ちも強くなります。

失敗を怖れると、人は消極的になってしまうのです。

スポーツで勝ちたい気持ちが強すぎるあまり、
緊張して本来の力が出せなくなるのと同じ。

消極的になってしまうと、
当たり障りのない会話しかできず、
つまらない男性だと思われてしまいます。

すると、
その男性は女性から「嫌い」よりもっと残酷な「無関心」という烙印を押されてしまうのです。

女性と話すときに緊張するのは仕方ありません。

ですが、その姿をなるべく見せないようにすることが大事です。

以上が、3つの理由です。

 

モテるために意識すべきことは「モテなくてもいい」と思うこと

今、話したような理由を考えると、
モテるために意識すべきことがあります。

それは、
「別にモテなくてもいいや」
と思うことです

その意識が、
どんな女性とでも、自然体でいられる余裕につながります。

想像してみてください。

・下心見え見えで女性にがつがつアプローチする余裕がない男性
・男女関係なく、自分の態度が変わらない余裕のある男性

どちらがモテるでしょうか?

もちろん、後者です。

言われれば当たり前のことでも、
いざ、女性を目の前にすると態度が変わってしまうのが男性の性です。

そうならないためにも、
「モテなくてもいいや」という気持ちを常に持っておきましょう。

女性は「追えば逃げる」生き物です。

 

「モテたい男」から「モテる男」になる5つの方法

ここからは、モテる男になるための方法を紹介します。

5つ紹介します。

タイトルを読めば、
聞いたことがある内容もあると思いますが、
中身は違うはずです。

初めて聞くぐらいの真新しい気持ちで、
ぜひ読み進めてください。

 

①運動をする

1つ目は、「運動をする」ことです。

「モテたいなら、まずは体を鍛えろ!」
と言われるぐらい、モテるために重要な要素になります。

なぜなら、
運動には以下のような効果があるからです。

  • ”男らしさ”に関わるホルモン(テストステロン)が分泌される
  • 自信や積極性が高まる
  • 姿勢がよくなる
  • 見た目が引き締まり、メンタルも安定する


実際に、アメリカの大学で行われた研究で、

・運動をしている男性
・運動をしていない男性

の2つに分けられた多数の男性の顔写真をランダムに並べ、
女性に「どの男性が魅力的ですか?」というアンケートをとった実験があります。


結果は、運動をしている男性を選ぶ女性が大多数でした。


運動は筋トレ、有酸素運動、好きなスポーツ。

なんでも構いません。

モテるためにはまず、
なんでもいいから運動をする習慣を身につけることです。

 

②女性の深層心理を理解する

2つ目は「女性の深層心理を理解する」ことです。

「これをしたら女の子にモテるんじゃないか。」
と思って行動しても、おそらく大半の男子はモテるようになりません。

なぜなら、
女性心理を理解できていないからです。

例えば多くの女性は、
タイプの男性を聞かれて、「優しい男性が好き」と答えます。

これを聞いて多くの男性が、

そうか〜女性には優しくすればいいんだな。

と理解して、とにかく女性に優しくしようとします。

ですが、それではうまくいきません。

なぜか?

それは、
「女性が考える優しさ」と「男性が考える優しさ」は違うからです。

「男性が考える優しさ」をひたすら女性に与えても、女性の心には響きません。

「ただのいい人」どまりです。

女性心理を理解し、
「女性が求めている本当の意味での優しさ」
を与えてあげられる男性がモテます。

女性を心理を知るためにはどうしたらいいのか?

ここでお伝えするには、
あまりにも情報量が多すぎて伝えきれません。

なので、もっと知りたいと言う方は
現在無料で配布している電子書籍があるので、
こちらを読んで学んでください。

一応リンクを貼っておきます。

女性の深層心理を知り、女性が放っとけない男性になる方法(無料電子書籍)
(※こちらをクリックし、LINEに友達追加をしてもらうと、すぐに読むことができます。)


「女性心理については、ある程度勉強したからわかってるよ。」
という方は、読まなくても全然大丈夫です。

次を読み進めてください。

 

③聞き上手になる

motetaiotoko

3つ目は、「聞き上手」になることです。

聞き上手な男性は、女性からかなりモテます。

「ついつい、なんでも話しちゃう。」
「なんか居心地が良いし、頼りになるな〜」


 しかし、多くの男性が女性との会話でやってしまうNGポイントがあります。

それがこの2つ。

・自分の話ばかりしてしまう
・求められていないアドバイスをする

女性は、この2つをやってしまう男性とは話をしたいと思ってくれません。

特に多いのが、
求められていないアドバイスをする男性。

女性は、ただ話を聞いてほしいだけです。
アドバイスが欲しいわけじゃなく、話を聞いて共感してほしいだけです。


にもかかわらず、多くの男性は

「そういう時は、こうしたら?」
「それを考えても意味がないから、こう考えたら?」

とアドバイスをしてしまいます。


もちろん、言いたくなる気持ちはわかります。

男性は理性的に考えるタイプなので、
アドバイスをしてあげた方が、彼女のためだと考えるのが、むしろ普通です。

ですが、女性は男性よりも感情的な生き物。

理性的な会話よりも、「思いを共有したい」という気持ちの方が勝っています

女性同士の会話を聞いているとわかりますが、
全く生産性のない会話ばかりしています。

この先、一切役に立たないような会話ばかりです。

男性からしたら、一見ムダな時間に見えますが、
女性にとっては、それが大切なのです。

女性は、共感し合いたい気持ちが強いので。

以上のことから、
女性と会話をするときは、アドバイスしたくなる気持ちをセーブしましょう。

そして、話をしっかり聞いて共感してあげましょう。

優しく受け止めてくれる”器の大きい男性”に女性は惹かれます。

 

④清潔感を保つ

motetaiotoko

4つ目は、「清潔感」です。

髪がボサボサ。
爪の中が黒い。
服がシワシワ。
体臭が臭う。
靴のカカトを踏みながら歩く。

このような行為は、女性を幻滅させちゃいます。

 

女性がよく言う

生理的にムリ!
っていう言葉は、清潔感がないことが原因です。

  • 髪型を整える
  • 爪を切る
  • 服はシワがないようにする
  • 自分に合ったサイズの服を着る
  • 靴を磨く


清潔感を整えることは、モテるためのスタートラインに立つことです。


必ず意識しておきましょう。

 

⑤何かに一生懸命打ち込む

5つ目は、何かに一生懸命打ち込むことです。

目標に向かって頑張っている姿は、
男女関係なくカッコよくて魅力的に映ります。

特に女性は、
目標に向かって頑張っている男性の姿を見るのが好きです。

打ち込む対象は、

・自分の好きなこと
・興味あること
・今やっていること

なんでもいいです。

達成したい目標に向かって頑張れるものを見つけましょう。

 

以上が5つの方法です。

 

まとめ

モテたい男から、モテる男になる方法を解説しました。

女性にモテるためには、1個でも多くの魅力を手にすること。

そして、モテたい気持ちが強すぎると、
裏目に出てしまう可能性があることを説明しました。

モテたい気持ちが強いと嫌われる3つの理由
  1. ナルシストに見える
  2. 下心が見える
  3. 女性に嫌われることが怖くなり、消極的になる


モテるためには、「別にモテなくてもいいや」と思うこと。

最後に、モテるための5つの方法を紹介しました。

モテるための5つの方法
  1. 運動をする
  2. 女性の深層心理を理解する
  3. 聞き上手になる
  4. 清潔感を保つ
  5. 何かに一生懸命打ち込む


今回は以上です。