自分に自信をつける方法は「全力を出す」経験をすることです。

jibunnijisinwotukeru

 

「相手と比べて劣等感を感じてしまう」
「人の目を気にして迎合してしまう」
「自分の言動に自信が持てない」
「自分に自信をつける方法を知りたい」

自信がないことで様々な悩みを抱えている人は多いです。

そういった人は自分に自信をつけたいけど、
他人より優れた能力がないから無理だと感じています。

自信のあるなしは客観的な能力の優劣で決まるものではありません。

仮にスポーツや勉強が劣っていたとしても、
料理や仕事は他の人より優れた能力を持っているかもしれません。

誰しも他の人より優れているものもあれば、劣っているものもあります。

それを自信の拠り所にしていたら、
いつまでたっても自信をつけることはできません。

上には上がいますし、
別の分野になると自分より上の人は沢山います。

 

自信の有無はそんな他人との比較で決まるものではなく、
「自分を信じる」という文字のとおり、もっと個人的な問題です。

自分に自信をつけるためには何が必要か?

それは「全力を出し切ること」です。

この経験をどれだけしているかが
自信を構築するためには重要です。

その理由は全力を出すことで次のことが得られるからです。

  • 全力を出すと結果にかかわらず後悔しない
  • 目標の達成スピードが格段に上がる
  • 全力を出さないと自分に言い訳してしまう
  • 人から応援される

 

今回はこれらについて詳しく解説していきます。

 

自分に自信をつけるには全力を出す練習をした方がいい理由

ここでは自信をつけるためには
全力を出す練習がした方がいい理由について解説します。

 

全力を出すと結果にかかわらず後悔しない

jibunnijisinwotukeru

全力を出し切ることができると結果に関わらず後悔しなくなります。

後悔すると、
「あーしとけばよかった。」
「こーしとけばよかった。」
と過去の自分を責めるようになります。

それではいつまで経っても自信をつけることはできません。


例えば野球の試合でチャンスで打てなかった。
もし自分の全力を出し切ることができなかったのなら後悔してしまいます。

ですが、
全力を出し切ったのであれば
打てなかったとしてもそこに後悔はありません。

自分の全力を出し切るということは、
自分の実力を全て出したということです。

自分の力を全て出した上で
「あーしとけばよかった。」ということは起きません。

むしろ、全力を出し切ることで、
「次はこうしよう」というのが見えてきます。

全力を出すことで次に活かすなにかを
手に入れることができ、そうやって上達していくことで自信につながります。

全力の失敗は失敗ではなく、
次につながる成功プロセスです。

普段の勉強、筋トレ、仕事、なんでも良いので
全力を出す練習を普段からしておくことが自信をつけるためには重要です。

 

目標達成のスピードが格段に上がる

jibunnijisinwotukeru

全力を出すことで目標達成のスピードが上がり、
その分だけ自信をつけることができます。

全力を出す練習を普段からしていると
自分の限界を知ることができます。

自分の限界を知ることができると
自分の「できること」「できないこと」がわかってきます。

多くの人は「できないこと」にフォーカスしがちです。

 

例えば、ダイエットしようと思った時に、
「ジムに週7通う」という目標を立てたとします。

今まで何も運動をしてこなかった人が、
いきなりここを目指すのは少しレベルが高いです。

おそらく「できないこと」に入ります。

ですが、ほとんどの人は
目標を小さくするのではなく、
「どうやったら週7で通えるようになるのか?」
をすごく考えようとします。

「そんなことしないよ〜」
と思うかもしれませんが、

これはわかりやすく強調しているからそう思うのであって
実生活では至る所で行われています。

場合によっては、
「週7で通えるようになる秘訣」みたいなノウハウ本や商材を買ってしまうのです。

それは無駄な投資です。
自分の限界を知らないとこのようなことになってしまいます。

結果としていつまでも目標達成することなく
そのせいで自己肯定感を失ってしまいます。

しかし、自分の限界を理解していれば、
「週2から始めよう。まずは続けることが大事だ。」
”自分ができること”にフォーカスして取り組みます。

 

すると、
できないことに無駄な時間を使わなくなるので
目標達成は格段に早くなります

自分が立てた目標を達成できると
自己肯定感が得られ自信につながります。

 

全力を出さないと自分に言い訳してしまう

jibunnijisinwotukeru

全力を出したことがない人は失敗を怖がっています。

「全力を出したのに失敗してしまった」という状態が怖いのです。

なぜなら余力を残して失敗したなら自分に言い訳できます。

全力を出したのに失敗をしたら
自分は無能だと認めないといけないと思っています。

ですが、それは間違いです。

全力を出したことがないから自信が持てずに、
次のチャンスにつながる失敗もできないのです。

人間は行動すると自信がつくということがわかっています。

ですが失敗を恐れているといつまでも行動できません。

何か行動をしようと思っても
「自分にはまだ早い」「自分にはまだ実力がない」と理由をつけてしまいます。

その視点を少し変えて、
「すべては全力を出す練習だ」
と思って取り組むと

失敗の恐怖から解放され
積極的に行動ができ、それが自信につながります。

何かにチャレンジする時、
初めて何かにトライする時、
本番に臨む時、

すべては全力を出す練習だと思って行動しましょう。

行動しないことが一番自信を失ってしまう原因です。

 

人から応援される

jibunnijisinwotukeru

全力でなにかに取り組んでいる姿というのは、
見ていてかっこいいし、応援したくなります。

一生懸命なにかを頑張っている人と、
余力を残して適当にやっている人では、
どっちを応援したいかは一目瞭然です。

人から応援されていると感じると人はより頑張ろうと思います。

そして、応援してくれている人に恩返ししようと、さらに全力で取り組みます。

それが自信になります。

全力で取り組む

人から応援される

さらに全力で頑張る

自信になる


といった良いスパイラルが起こります。

 

まとめ

自分に自信をつける方法は「全力を出す」経験をすることです。

その理由は4つのことが得られるからです。

  • 全力を出すと結果にかかわらず後悔しない
  • 目標の達成スピードが格段に上がる
  • 全力を出さないと自分に言い訳してしまう
  • 人から応援される


どんなことでもいいです。

1日1分でもいいので全力を出す練習をしましょう。
全力を出す習慣が身につくと全力癖になります。

全力癖がついた時点で、
いつの間にか自信がついていることに気づくと思います。