許せない人がいる時の対処法【結論:許せなくても大丈夫です】

yurusenaihito

  • 許せない人がいる。この気持ちはどうしたら解消できる?
  • 許せない人をどう許したらいい?

嫌がらせをする人、鼻につく人、裏切り者、偏見を持つ人。

このような人と出くわすことで、許せない気持ちになることがあります。


許す気持ちが大切なことは、頭では理解してますが、
「なんで自分だけ我慢しなきゃいけないの?悪いのは向こうでしょ。」
と思ってしまいます。

僕も過去に、このような気持ちになったことが何度あるか…。

今回は、そんな時の対処法を紹介します。

対処法「許しても許さなくてもいい。何もせず時間の経過を待つこと」

yurusenaihito

結論から言います。

「許しても許さなくてもいい。何せず時間の経過を待つこと。」

これだけです。別に許さなくても構いません。

今こそテレサ・テンの名曲を思い出しましょう。

時の流れに身をまかせる”ことです。

そう考える理由は、3つあります。

 

「仕返し」は時間が進むにつれ、後悔が現れる

まず1つ目。

許せない人に対して仕返しをすれば、時が進むにつれ後悔が現れるからです。

許せない気持ちが募ると、
半沢直樹よろしく、倍返しをしたくなります。

倍返しをすることで、
確かにその場はスカっとした気持ちになるかもしれません。

ですが、後に残るのは後悔です。

「あそこまでやらなくてもよかったな。」
「一時の感情でやってしまったけど、自分って小さい人間だな。」

と自分を責めるようになります。

仕返しは、のちに自分のセルフイメージを下げるような形で返ってくるのでやるべきではありません。

 

何をしても相手は変わらない

2つ目の理由は、何をしても相手を変えることはできないからです。

どんなに説教しても、
相手を自分と同じ考えにさせることはできません。

思い通りに扱うこともできません。

どんなに許せない人がいてもその事実は変わらない。

もちろん指導や助言はできますが、変わらないからといって頭を悩ませる必要もなければ、自分を犠牲にする必要もありません。

もし相手が変わることがあるとしたら、
それは、変わった自分を見た時だけです。

影響力を持った自分になることで、
初めて相手が変わる可能性があります。

そう考えると、フォーカスすべきは相手ではなく自分です。

相手を変えることに重点を置くのではなく、
どうやったら相手に伝わる自分になれるのかを考えましょう。

 

あなたの”当たり前”は、相手にとっての”当たり前”ではない

3つ目の理由は、
あなたの”当たり前”は、相手にとっての”当たり前”ではないからです。

あなたが相手を許せない気持ちになるのは、何かしらの理由があると思います。

それと同じで、
相手も何かしらの理由があって、あなたにアクションを起こしています。

もしかしたら、自分なりの”正しさ”を伝えたいだけかもしれません。
もしかしたら、自分の”弱さ”を隠そうと必死なのかもしれません。
もしかしたら、あなたに”嫉妬”しているもかもしれません。

100%悪意を持って、あなたを攻撃する人はいません。

自分視点でみれば、確かに許せない気持ちになると思います。
ですが、相手は全く違うロジックで生きています。

自分と相手の当たり前は違う。

これを理解しておくことで、
許せない気持ちが暴走することはなくなります。

 

許せない気持ちになったら息抜きしましょう

yurusenaihito

許しても許さなくても構いません。
何せず時間が経つのを待つことが賢明です。

許せない気持ちは短期的なものです。

短期的な感情のために仕返しをして、
のちに後悔するのは自分です。

もし許せない気持ちになった時は、
息抜きが大事です。

自分の好きなことをする。
自然に触れる。
読書をする。

心が落ち着くような息抜きをしましょう。