恐怖心を克服し、自分を変える勇気を手に入れる方法【3ステップで解説】

「過去のトラウマで恐怖心が消えない」
「挑戦したいことがあるけど、怖くて勇気が出ない」
「自分にできるか常に不安になる」
「上司に怒られるのが怖い」

という方へ今回は、
恐怖を克服する方法を解決します。

「人生は行動が大事」と巷ではよく言われます。

確かにそれはまぎれもない事実で
世の中で成功者と呼ばれる人の中には
「行動力が全てだ。」
と言い切ってしまう人すらいます。

 

自分の理想を達成したい、今の不安や悩みを解決したいといった場合、
行動したからといって必ず成功するとは限りません。

 

成功するとは限りませんが、
行動しなければ成功に近づくことすらできません。

なので行動力は成功の条件として絶対的に必要なことです。

行動力があれば、

  • 色んなことにチャレンジできる
  • 人生を楽しむことができる
  • 自信が手に入る
  • 今の悩みや不安が解決できる
  • 叶えたい現実を手に入れることができる


といった大きなメリットがあります。

 

実際に人間は自分の限界の4%を超えるチャレンジをすると

  • 向上心が湧く
  • 脳が快感を得て「楽しい」と感じる
  • 脳がやみつきになり長続きする


といった効果があることが研究から明らかになっています。

 

だからといって
「こんなにメリットがあるんだから、みんなどんどん行動しよう!」
と訴えれば行動できるか?
というと
そんなことありません。

何かしらの原因で行動できない人達も沢山います。

その大きな原因の1つとしてあるのが
「恐怖心」です。

恐怖心は
僕らの勇気やチャレンジ精神を奪い、
見ている世界を小さなものにしてしまう
厄介な心の状態です。


恐怖心を克服するためにはどうしたら良いのか?
たった今、目の前に恐怖心が現れた時、どう対処すべきなのか?

それについて解説していきます。

行動力に関してはこちらの記事も参考になるのでよかったらどうぞ。

行動できない人の5つの原因と圧倒的行動力を手に入れるカンタンな方法【明日から行動できます】

他人と5倍の差をつけるスキマ時間の使い方【スキマ時間で人生変わります】

 

なぜ恐怖を感じるのか?

あなたはどんな時に恐怖を感じるでしょうか?

強面の人と出くわした時、会社を辞める時、上司に怒られそうな時、
吊り橋を渡る時、飛び込み営業をする時、好きな異性に声をかける時、
新しいことにチャレンジする時、人前で発言する時、

様々な場面で恐怖を感じることがあると思います。

なぜ人間は恐怖というものを感じるのでしょうか?

 

それは

未知なことに対して
恐怖を感じるよう本能としてプログラミングされているから

です。

 

人は未知なものに対しては死を連想し、
恐怖というストッパーを使って行動を制限しています。


強面な人を見た時は、何をされるかわからないという未知への恐怖
会社を辞める時、やめた後に食べていけるかわからないという未知への恐怖
吊り橋を渡る時、橋が壊れて落ちないかという未知への恐怖
飛び込み営業をする時、入って怒られないかもしれないという未知への恐怖
異性に告白する時、フラれるかもしれないという未知への恐怖


すべて「未知への恐怖」というものに集約できます。

 

毎日のルーティーンで飛び込み営業を行い、
それが習慣になれば未知のものから既知のものに変わり、
恐怖心はなくなります。

会社を辞めても月50万確実に得られるという確証があれば
恐怖心はなくなります。

吊り橋が壊れそうでも過去500回渡ったことがあれば
恐怖心はなくなります。

 

このように
未知のものが既知になった時、
人の恐怖心というのは薄れ、行動できるようになるのです。

ですが、多くの人は恐怖を恐怖のまま受け取るので
新しいチャレンジに対して行動できなくなるのです。


チャレンジというのはいつも未知なものへの挑戦です。


恐怖の正体をしっかり捉え、
先の未来を少しイメージすることができれば
恐怖心を減らし、積極的な行動をとることができるようになります。

 

恐怖で立ち止まってしまう人と勇気を出して一歩踏み出す人の違いは
この恐怖を感じた場面における行動の違いといっても過言ではありません。

 

では恐怖心が湧いた時、
一体僕たちはどのように対処していけば良いのでしょうか?

 

 

恐怖を克服する方法【3ステップ】

恐怖を克服する方法は主に3ステップあります。

このステップを着実にこなせば恐怖心を減らせる、

または、恐怖心はあるけど勇気を持って一歩踏み出すことができるようになります。

まずはファーストステップです。

 

 

ステップ① 恐怖の正体を明らかにする(未知なものを明確にする)

 

何に対して恐怖を感じているのか?

言い換えれば
未知なものがなんであるか?

まずは、これを明らかにすることです。


そうすることで自分の中にある恐怖心の発生源を
捉えることができます。

 

人前で話をするのが恐いと感じるのは
人から批判されるのが恐いから?

うまく話ができなくて笑われるのが嫌だから?

皆がちゃんと聞いてくれるか不安だから?

 

これを自分の中で明らかにするのが
ファーストステップです。

特に1つに絞らなくても良いです。

複数でも構いません。

自分がそう思えるものであれば
「あ、これもそうかも・・」とピックアップしてください。

 

 

ステップ② 最悪な状況をシミュレーションする

 

次のステップでは先ほどピックアップしてもらった
恐怖の正体について、最悪な状況をシミュレーションするということです。

そして、やってみるとわかると思いますが、
最悪な状況というのは意外と大したことないことがほとんどです。

例えば
あなたが「好きな異性に告白したいけど恐い」という恐怖があったとします。

 

この場合の最悪の状況を考えて見てください。

考えてみましたかね?

 

最悪な状況・・

 

それは

”断られる”

これだけです。

 

 

  • 暴言を吐かれる
  • ビンタされる


ようなことは中々現実問題として想定できないし、
もし実際にビンタされるようなことがあるとしたら

あなたが過去に何か問題あることをしたか、
好きになった相手がヤバいやつだったか、

このどっちかです。

 

いや、
暴言やビンタをするような相手を好きになった時点で
どちらもあなたの問題かもしれません。

 

いずれにせよ、
最悪な状況を考えると
感情が勝手に拡大解釈をして恐怖を増大させていただけで、
本当の恐怖は意外と対したことがないことがわかります。

 

 

ステップ③ 未来をイメージする

 

最後のステップ。
未来をイメージすることです。

  • チャレンジした後の未来
  • チャレンジしなかった後の未来


この2つの未来をイメージして
どちらの未来を生きたいかを考えてみてください。

おそらくチャレンジした後の未来の方が
良いイメージがあるし、後悔もないと思います。

これが恐怖心を克服する3ステップです。

 

 

面倒くさがらずに実行できる人が自分を変えられる

 

基本的には以上で話は終わりです。

ですが、一つお伝えしておきたいことがあります。

 

それは

「これを読んだ多くの人のほとんどは恐怖心を克服できない。」

ということです。

 

理由はすごく簡単です。

「読んでも行動しないから」です。

 

これはこの記事の内容だけに限らず、
どんな内容でも当てはまることです。


何か問題を解決したいと思った時、
ネットで検索すればいくらでも良い情報は見つかります。

そして情報を使えば正しく使えば人生の大半の悩みは解決できます。

 

でも多くの人が解決できないのは
読んだら終わりで行動に写しません。


知識を得ただけで満足し、
後は手間だし、面倒くさいからやらない。

 

これだと何も現状は変わりません。

大半の人は行動しないので
行動しただけで少数派になれます。

冒頭にも言いましたが、
行動しないと何も始まりません。

最初は面倒かもしれませんが、
頑張ってみてください。

それを半年続ければ見ている世界が圧倒的に変わるはずです。

 

まとめ

恐怖心を克服する方法について解説しました。

克服する3ステップはこちら。

恐怖心が湧いた時には、活用してみてください。