見た目をいくら磨いてもかっこよくならない男のワケ【かっこよくなる方法】

「異性にモテたい」
「周囲からかっこいいと言われたい」
「もっとかっこよくなりたい」

と思って見た目を変えたり、
キャラを変えたりすることに必死な人がいますが、
それはあまり効果がないどころか
下手するとイタい人になってしまいます。

 

かっこよくなりたいのなら

「自分がかっこいいと思える生き方をする」

ことが一番重要だと僕は思っています。

 

その理由は3つあります。

・自分の生き方が全ての言動ににじみ出る
・自分らしく生きることで自信がつく
・男としての余裕が手に入る(人に優しくなれる)

 

これらについて詳しく説明していきます。

同性、異性関係なく”かっこよさ”をさらに追求したい方はこちらも読んでください。

本能的魅力を手にして他人を惹きつける男性になる方法

 

 

「自分がかっこいいと思える生き方」をした方が良い3つの理由

自分の生き方が全ての言動に現れる

顔がイケメンでもモテない男性というのは意外と多くいます。

そういう人はいざ会話してみるとわかるのですが、
”薄っぺらい”人が多いです。

薄っぺらさは
いくら綺麗な言葉を使ったり、
見た目を整えてたとしても、
相手に透けてバレてしまいます。

 

これを読んでいる方も
そういう人に出会った経験があると思います。

 

薄っぺらい人がかっこいいと思われない理由は、
その特徴に原因があります。

薄っぺらい人の特徴は

・発言が軽く周りから信頼されない
・周りの意見に流される
・人間的な深みがない
・知識や経験が乏しく考えが浅い
・人によって態度が変わる
・口だけで行動しない
・外見ばかり気にする
・努力せず楽なことばかりする

 

といったものです。

 

人間が誰かに対してかっこいいと感じるのは

・人より卓越した何かを持っている
・自分の信念を持っている
・言葉と行動が一致している
・自分の意見を恐れずに言える
・他人に迎合しない


こういった強さを持っている生き方をしている人に対してです。

あなたがかっこいいと思う人も
こんな生き方をしている人ではないでしょうか?

 

基本的に人間は弱い生き物です。

つい楽な方に流れてしまうし、
自分で決めたことが守れなかったりします。

それが当たり前です。

他人の目を気にして、
自分を押し殺してしまうこともあります。

だからこそ
自分を持った強い生き方をしている人に憧れを抱きます。

 

かっこよくなりたいのであれば、
自分がかっこいいと思える生き方をすることです。

そうすればその雰囲気、言動、振る舞いが相手に伝わり、
自然とかっこいいと思われるようになります。

これが1つ目の理由です。

 

自分らしく生きることで自信がつく

自分がかっこいいと思える生き方をしていると
自分に自信がつきます。

そして自信がある人に対して
周囲の人は魅力を感じます。

多くの自己啓発系の書籍、ネット情報では
「自信をつけるには小さな成功体験を積め」
と書かれています。

 

確かに小さな成功体験で自信がつくことはありますが、
それは極めて限定的な自信です。

例えば、
野球を頑張って練習し、
小さな成功体験を積み上げたとしても自信が持てるのは
野球という領域だけです。

 

他の球技やサラリーマンとしての仕事といったような
野球以外の領域に出ると、
自分より上の人間が沢山存在しているので、
また一から自信をつけていかなければなりません。

このような方法では
いつまで経っても本当の意味での自信は持てるようになりません。

環境が変わればゼロスタートです。

 

そういった特定の領域における自信ではなく、
”人生における自信”を手に入れるためには、
自分がかっこいいと思える生き方をするしかありません。


自分がかっこいいと思える生き方をしていると、
自分の人生を生きられているという安心感が手に入ります。

その安心が自信につながります。

 

幼児の子供を見ているとわかると思いますが、
自分の興味が赴くままに自信を持って生きています。

なぜかというと
親がしっかり自分を見てくれているという安心感があるからです。

逆に自分の人生ではなく他人の人生を生きていると
自分という人間がこの世に存在しているのかがわからなくなり、
不安に陥ってしまい、自信を持てなくなります。

 

だからこそ、
しっかりと自分がかっこいい生き方をすること。

これが2つ目の理由です。

 

男としての余裕が手に入る(人に優しくなれる)

そして、3つ目の理由は男としての余裕が手に入るからです。

自分がかっこいいと思える生き方をしていると、
自分らしい生き方ができるのと同時に、
人生を自分でコントロールできている感覚を持つことができます。

その結果、
人としての余裕が出てきます。

 

人間は余裕が出てくると視野が広がり、
周囲に対して優しくなることができます。

 

逆に、自分らしくない生き方・・

・いつも他人に合わせて生きている
・自分の気持ちに嘘をついて生きている

このような生き方をしていると自分に余裕がなくなり、
視野が狭くなることで
自己中心的、他人への支配欲が生まれます。

余裕がある男は落ち着いていて、
どんな時も冷静でかっこよく見えるし、
周囲からも尊敬を受けやすいです。

かっこよく生きることで余裕が手に入る。

これが3つ目の理由です。

 

まとめ

かっこよくなる方法について解説しました。

かっこよくなるためには
「自分がかっこいいと思える生き方をする」
ことです。

その理由は以下の3つです。


今回は以上になります。