他人に影響を与える発言力を高めるたった1つの方法

男性
男性

「人に影響を与える発信力をつけたい」
「自分の発言があまり採用されない」
「自分の発言に説得力を持たせたい」


といった悩みや願望がある方へ
今回は他人に影響を与える発言力を高める方法を解説します。

発言力を高めることができると

  • 営業、発信力(スピーチ、文章)などといったビジネススキルが上がる
  • 人に伝わるスピーチができる
  • 相手の感情を動かすことができる
  • リーダーシップ力が高まる
  • 自分の影響力が高まる


といった効果があり、
仕事での活躍や良好な人間関係を構築するコミュニケーション能力が手に入ります。

コミュニケーション能力を高める方法の記事もあるのでよかったらどうぞ。

コミュニケーション能力を着実に向上させる秘訣と方法

コミュニケーション能力を向上させるおすすめの本【人生の質が上がります】

発言力=「言葉の影響力」

発言力とは「言葉の影響力」です。

「言葉の影響力」があれば、その人の発言1つで
より多くの人を巻き込み人を動かすことができます。

 

自分の意見や思いをしっかり相手に伝えたい時に必要な力です。


特にリーダーの立場にいる人間にとっては特に重要で
発言力のないリーダーは説得力がないのはもちろん、
どんなに良いことを言っても胡散臭く感じるし、
相手の心に響きません。


そういう意味ではナチス指導者だったヒトラーという人間は
善悪はさておき、言葉の影響力を持ったリーダーだと言えます。

ヒトラーの演説がYoutubeに上がっていたので一応紹介しておきます。
気になる方は見てみてください。

Eine Rede von Adolf Hitler (アドルフ・ヒトラー氏の演説)



これを読んでいるあなたも経験があるかと覆いますが、
同じ言葉、同じ内容を話しているはずなのに
なぜかズドーンと心に響く人と1ミリたりとも響かない人がいます。

 

例えば僕は野球をしていたので野球で考えてみると

イチローが
「バッティングとはタイミングが命です。」
と発言するのと

アマチュアのペーペーが
「バッティングとはタイミングが命です。」
と発言しているのでは、

言葉の重み、説得力、意味が全く変わってきます。

 

これがまさに「言葉の影響力」です。

 

では、なぜ同じことを話しているはずなのに
発言力に大きな違いが出るのでしょうか?

 

なぜあの人の言葉は響かないのか?

なぜ人によって発言力に大きな違いがあるのか?

発言力の高い人の特徴について考えてみると1つの答えが出てきます。

 

発言力の高い人は
「言葉と行動が一致している」
ということです。

 

自分の発言が自らの行動と一致して初めて言葉に力が宿ります。


これだけ聞くと当たり前だと思う人が多いのですが、
実際にできている人は少ないです。

言葉の影響力がない人は「口だけで行動できない人」です。

 

「言葉と行動」という視点でパターン分けすると

  • 言葉と行動が一致している人
  • 口だけで行動できない人
  • 行動はしているが何も口にしない人

という3つのパターンがあります。

 

「行動はしているが何も口にしない人」というのは
職人さん気質の人が当てはまると思います。

こういった人は口にしない分、
人から誤解をされやすい面もありますが、
行動はしているので、言葉の影響力を持つ土台はすでに持っています。


先ほどのイチローで考えてみると
これまで積み上げてきた日々の努力や偉大な業績があります。

それだけの積み重ねがあるから高い発言力を持つことができるのです。

そういった人は、
野球というジャンルにだけ影響力を持つだけでなく、
人生やビジネスなどあらゆる場面で影響力を持ちます。

だからこそ多くの人の心に刺さる発言ができるのです。

 

発言力を高める方法

では、
スーパースターじゃない僕らは発言力を高めることはできないのか?

というとそんなことはありません。

発言力を高めるためには
先ほど解説した「言葉と行動を一致させる」ことが大事です。

では、そのために具体的に何をしたら良いのか?

それは

自分の決めたことは必ずやる

ということです。

 

「今日は筋トレをする」と決めたら何があっても必ずやることです。
「今日は勉強する」と決めたら5分でもいいから必ずやることです。

「自分の決めたこと」というのは別に簡単なもので構いません。


「今日は筋トレを1時間する」だとハードルが高すぎて
達成できない可能性があります。

「今日の夜は〇〇を食べる」とかでも全然OKです。

とにかく大事なのは
自分が決めたことは必ず行動してやり遂げることです。

それを続けることで、
言葉と行動が一致することが習慣になります。

そういった有言実行の習慣ができてくると
自分が少しハードルの高い目標を口にした時でも
行動できるようになってきます。

そうすれば発言力はもちろんのこと、
目標達成の能力も高めることができるようになります。

 

まとめ

発言力を高める方法について解説しました。

発言力を高めるには「言葉と行動を一致させる」ことです。
小さなことからでいいので始めて継続していくと必ず変化が訪れます。