人の心に残るキャッチコピーの作り方 ディズニー編

こんにちは、KAIです。

今回は「心に残るキャッチコピーの作り方 ディズニー編」

ということで解説していきたいと思います。

僕はディズニーのCMとか好きなんですが、
特に好きなのは、このCMです。

ディズニーCM

ここに出てくるキャッチコピー、
かなり秀逸じゃないですか?笑


今回はこのCMを参考に
どうやったらこんなコピーを作れるのか?
作り方を解説していきたいと思います。


読んでもらって実践すれば
いい感じのキャッチコピーが作れるようになると思います。


こちらの記事ではキャッチコピーの基本考え方を紹介していますのでぜひ。

あなたの文章が読まれない理由。心をつかむキャッチコピー3つの考え方

なぜディズニーCMのキャッチコピーは心に残るのか?

比喩表現が巧み

キャッチコピーを作るには
様々な手法がありますが

今回のディズニーCMで流れたキャッチコピーは、
ほぼ比喩で作られています。

そしてこの比喩表現がすごく巧みで上手です。

比喩を使うとイメージが喚起されて、
見る側、読む側の心に残ります。

古代ギリシャの万学の祖といわれる
アリストテレスは、
「何よりも偉大なのはメタファー(隠喩)の達人だ」
と言っています。
(後で解説しますがメタファーは比喩表現の1つです。)


比喩は

  • 人にわかりやすく伝えることもできる
  • 心に残る言葉を残すこともできる
  • 言葉に説得力を持たすこともできる


優れものです。


比喩にも2種類あります。

直喩暗喩(メタファー)です。

直喩とは「~のようだ」「~に似ている」
のように
原型の言葉もたとえる言葉も使う
表現のことです。

それと比較されるのが隠喩(メタファー)。

隠喩(メタファー)とは、
直喩の「~のようだ」を使わずして
「〇〇は△△だ」
と言い切る形として
暗示的にそれとなく伝えることです。

例をあげると、

<直喩>
・「今日の暑さはサウナのようだ」
・「彼女の肌は雪のようだ」

<隠喩>
・「赤ちゃんは天使だ」
・「人生は山のぼりだ」


”たとえる”という意味では同じですが、
厳密にはこのような違いがあります。

 

ディズニーCMで使われる比喩表現

ではディズニーCMのキャッチコピーでは、
どのような比喩表現、
そして直喩と暗喩どちらが
使われているのでしょうか?

それぞれ紹介していきます。


「物語の世界に飛び込んだ」
・実際の意味:「ディズニーランドに行った」
・表現:隠喩(メタファー)


「特別な友だちができた」
・実際の意味:「ミッキーに会った」
・表現:隠喩(メタファー)


「子どもみたいに笑った」
・実際の意味:「笑った」
・表現:直喩


「君の王子様になってみた」
・実際の意味:「奥さんや娘をエスコートした」
・表現:隠喩(メタファー)


「もっとひとつになれた」

・実際の意味:「仲良くなれた」
・表現:隠喩(メタファー)


「時計の針を止めてみた」
・実際の意味:「みんなで写真を撮った」
・表現:隠喩(メタファー)


「魔法にかかってみた」
・実際の意味:「彼氏にキスをした」
・表現:隠喩(メタファー)


「あなたの夢を楽しもう」
・実際の意味 :「ディズニーリゾートで楽しもう」
・表現:隠喩(メタファー)

実際ほぼ全てのキャッチコピーで
隠喩(メタファー)が使われていることがわかりますよね。

 

心に残るキャッチコピーの作り方(比喩表現)

キャッチコピーをひと通り紹介しましたが、
おしゃれで印象に残りますし、
ディズニーリゾートに行きたいという
気持ちになりますよね。
(僕だけかもしれませんがw)

じゃあこの比喩を使ったキャッチコピーって
どうやったら作れるのか?

作り方の手順を順番に解説していきます。

手順①:関連したキーワードを書き出す

まずは言葉を別の言い方に変換したり、
関連した言葉を書き出していきます。

例として、
”東京ディズニーリゾート”
で考えてみます。

コツとしたら
「ディズニーといえば〇〇」
「ディズニーリゾートといえば〇〇」

〇〇に当てはまるものを考えてみると書きやすくなります。

たとえば

物語、夢、シンデレラ、ミッキー、ミニー、魔法、姫、王子、アトラクション、思い出、デート、卒業旅行、音楽・・etc

こんな感じで書き出しました。

これで手順①は完了です。

手順②:〇〇を使って伝えたいことを表現する

キーワードを書きだしたら次は、
そのキーワードを使って伝えたいことを表現します。

たとえば
”ディズニーランドはプロポーズにもベストな場所だ”
と伝えたいとします。

この伝えたいことに対して、
自分が関連しそう、なんか作れそう、と思うキーワードを
先ほど書き出した中からピックアップします。

仮に
「シンデレラ」「姫」「王子」「物語」をピックアップしたとします。

あとはこの言葉を必ず使うというルールで、
プロポーズに関するキャッチコピーを考えていくだけです。

キーワードは1つだけ使っても、複数使うでもどっちでも大丈夫です。
実際に書いてみます。

  • 「2人の物語がはじまる場所」
  • 「今日は世界で一番のお姫様になれた」
  • 「シンデレラになれた」
  • 「君の王子様になれた」
  • 「君のお姫様になれた」
  • 「いちばん大切な王子様がいちばんのお姫様にしてくれた」

こんな感じになりました。
少しそれっぽいキャッチコピーができてませんか?(笑)

とにかく数を出していくことが大事です。

最初は慣れないかもしれませんが、
作っていくとだんだんと慣れてきます。

<余談メモ>
今回のディズニーCMのキャッチコピーは「~になれた」「~なってみた」「~できた」など受け身な表現ばかりしています。
「魔法にかかってみた」など・・
これは、「普段はできないけどディズニーランドに行ったからできた」
とイメージさせるように作られています。この辺りもすごく上手ですよね。


キャッチコピーの作り方はこちらの記事でも解説しています。
こちらは「言葉の組み合わせ」で作る方法です。

「言葉の組み合わせ」で科学変化を起こすキャッチコピーの作り方

 

まとめ

比喩表現というのは、

・キャッチコピー
・説得力をもたせる
・わかりやすく説明する

あらゆる場面で使える優れものです。

比喩が使いこなせるだけで、
キャッチコピーだけじゃなく、
文章自体もクオリティが上がります。

比喩のキャッチコピーの作り方は

  1. 関連したキーワードを書き出す
  2. 関連ワードを使って伝えたいことを表現する

この2つだけです。

ぜひ練習して使ってみてください。

⬇️副業でお小遣いを稼ぎたい方はこちらもどうぞ⬇️

副業でWEBライターを始める方法【初心者・未経験者向け】