疲れやすい原因はいつもやってる〇〇?疲れにくい体をカンタンに作る方法

こんにちは。KAIです。

「だるくて疲れやすい」
「やりたいことがあるけどすぐ眠くなる」

こういった疲れやすい体の人は
意外と多いのではないかと思います。

その原因はもしかすると
毎日欠かさず行っている”あれ”かもしれません。

それは「呼吸」です。

今日は疲れやすい体の原因と
呼吸でいかに疲れやすさを
改善できるかを解説したいと思います。

疲れやすい体の原因

疲れの種類は主に3種類あるといわれています。

それは

  • 肉体的疲労
  • 精神的疲労
  • 神経的疲労

この3つです。

 

肉体的疲労

これはだれしもイメージがつくと思います。

  • スポーツして疲れる
  • 筋トレをして疲れる


といった筋肉疲労のことですね。

たくさん運動した後に筋肉痛になるのも
筋肉疲労のせいですね。

 

精神的疲労

精神的疲労とは

たとえば

  • 人間関係のストレス
  • 不安
  • プレッシャー


などのことで、
心に疲労を抱える状態のことをいいます。

精神的疲労が蓄積すると
うつ病になるといわれています。

神経的疲労

最後の神経的疲労とは
長時間のデスクワークや
集中して行う作業によって生じる疲れのことです。

 

それぞれ疲れの種類が違いますが、
これらすべての疲れ、

実は原因、1つです。


それは「脳の疲れ」です。

運動でも
人間関係のストレスでも
デスクワークの負荷でも
脳はすべてストレスとして受け取ります。

そして、
そのストレスが続くことで
脳は活性酸素が発生し、
本来の働きができなくなります。

そのとき、
脳は疲れたと判断するメカニズムになっています。

 

 

疲れにくい体にする方法

ではどのようにしたら
こういった疲れに負けない体を
手に入れることができるのでしょうか?

 

呼吸

なんといってもまずは呼吸です。

人間にとって呼吸の役割はとても重要で
人間は呼吸によって酸素とりこみ、
エネルギーを生みだします。

ですが、
現代人の多くは呼吸が浅いといわれています。

呼吸が浅いと
酸素を体に取り込むことが困難になり、
慢性的な酸欠状態になります。

特に
脳は他の体の器官以上に酸素を必要とするので、
すぐにエネルギー不足になり、
疲れやすい体になってしまいます。

だからこそ、
疲れやすい人と感じる人はまず、
浅い呼吸から深い呼吸に変えてみてください。

深い呼吸で腹式呼吸をすると臓器がポンプのようにマッサージされ、
臓器の活性化にもつながります。

呼吸は人間の一番根幹となる運動なので、
呼吸の質を上げることがまず第一に重要です。

Googleやインテルなどの世界的企業では、
仕事のパフォーマンスを上げるために
呼吸法を取り入れた瞑想、マインドフルネスを採用しています。

 

適度な運動

適度な運動は
血流を促し、副交感神経の働きが強まることで
体をリラックスさせることができます。

また、運動をするとテストステロンというホルモンが分泌され

  • メンタルが安定する
  • ポジティブになる
  • やる気がみなぎる

といった効果もあるということがわかっています。

なので、
運動をすると、
うつ病の予防になるともいわれています。

筋トレでも
ランニングなどの有酸素運動でも
球技でもいいので
自分が楽しく続けられそうなものから
始めてみるといいと思います。

 

人間関係のストレスをなくす

対人関係のストレスがかなり大きくなってきています。

これに関しては、別記事に書いているので
興味があれば是非読んでみてください。

https://kairou01.com/relation-stress

 

疲れにくい体を作るオススメの本

ここでは疲れにくい体になるために
読んでおいたほうがいい本を2冊紹介します。

①スタンフォード式 疲れない体

この本は僕も読んで実践しています。

疲れない体を作る呼吸法が紹介されています。

この本に書いてあるIPA呼吸法をすると、
朝気持ちよく起きられるし、
以前より疲れにくく感じられるようになりました。

試してみてください。

 
 

 

②最新科学でわかった脳細胞の増やし方

この本は
運動という行為がいかに大事かを教えてくれる本です。

  • 疲れを低減させる
  • 精神疾患を治す
  • 仕事のパフォーマンスが圧倒的に上がる
  • 記憶力が上がる


経営者や大統領など、
頭の良い優秀な人たちが
なぜあんなにも運動を取り入れているのかが
これを読めば腑に落ちると思います。

賢くなりたいなら、
勉強するよりも
まずは運動しようって思うようになります笑

 
 

 

まとめ

  • 呼吸の質
  • 適度な運動
  • 対人関係のストレスをなくす

これら3つを実践することで
疲れにくい体をつくることができます。

呼吸を改善するだけで、
代謝が上がって痩せる人もいますし、
メンタルもかなり安定します。

ぜひ試してみてほしいなと思います。