自慢話の多い人が人生うまくいかない理由

どうもKAIです。

あなたの身の周りにもいませんでしょうか?
自慢話ばかりしてくるめんどくさい人。

それはあなたの友人かもしれないし
あなたの家族かもしれないし
あなたの恋人かもしれないし
意外や意外、自分かもしれません笑

”人に気に入られたい”、”人から認められたい”といった承認欲求は
誰の心にも少なからず存在しているものですが、
これを過度に求めてしまう人も世の中にはいます。

過度に求めることはあまり人生とって良いことではなくて、
その人の毎日をつまらなくさせ、自分を不幸にさせてしまう危険があるのです。

それはなぜかというと、
基本的に承認欲求が強い人というのは、
「他人から認められたいという願望が人一番強い」人です。

そういった人はどういう行動原理で動いているかというと、
あらゆる行動の目的が「他人から承認されるため」に行っているのです。

例えば、世間からすごく賞賛されている大人気のアーティストがいて
「自分もあんな風に賞賛されたい」と思って
アーティストになろうとする承認欲求の強い人がいたとします。

この場合は賞賛されることがその人にとっての目的であり、
”アーティストになる”というのが目的に対する手段(プロセス)になります。
となるとアーティストとしての活動自体には
面白みを感じることができず、楽しさを感じることもあまりできないのです。

アーティストとしての活動自体にはそもそも興味がないわけですから
上達やレベルという意味でも成功はしにくいと言えます。

つまり、承認欲求を目的にした行動をすると
その間のプロセスである行動がつまらなくなってしまうということです。

逆にアーティストの活動そのものに興味を持ったのなら
アーティスト目指す際の手段(プロセス)も楽しむことができるし、
高いレベルに到達しやすくなると思います。

本当の成功や人生の充実度というのは承認欲求などではなく、
その行動自体に自分が興味、関心が持てるかに依存するものだと思います。

先日イチローが引退会見で
マスコミに「子供たちに伝えたいことは?」と聞かれ、
「自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけて欲しい、
それが見つかればエネルギーを注げるし、立ちはだかる壁にも立ち向かっていける。
見つからないと壁が出てくると諦めてしまうことがある。」

と語っていましたが、まさにこのことだと思います。
承認欲求に生きるのではなく、
自分の興味、関心、情熱、夢中・・など、こういった感情が持てるものに対して
行動していければキツいことでも充実度を感じながら生きることができると思います。

人生を生きる上で、自分にとっての承認欲求というものを
一度考えてみると何か違った景色が見えてくるのではないでしょうか?

以上です。
ありがとうございました。


〜INFINITE TIME〜 
時間を無限に生み出し成功体質を手に入れる

 

 お名前(ニックネーム可)
メールアドレス