電車内の女子高生に見る「言葉」が「顔」に及ぼす影響とは?

ある日のこと、夕方自宅に帰ろうと帰宅ラッシュで人もそこそこ多く、
個人的にあまり好きにはなれない電車に久々乗ると
近くにいた女子高生3人組が何やら大きな声で会話をしていました。

この子たちは周囲に誰も人がいないかのごとく大きな声で話すあまり、
僕が今見えている人間たちは「実は幽霊なのかもしれない」と錯覚してしまうほどでした。

嫌でも耳に入ってくる彼女たちが一体なんの話をしているのかというと、
クラスの同級生についてです。

「あいつマジおっさんじゃない?」

「加齢臭出てるかもね~」

「ギャハハハ」

このような会話を次から次へとクラスメイトを変えて
テンポ良く進めていく彼女たちは見事です。

僕は普段電車に乗るとあまり人の顔は見ないのですが、
この日ばかりは

「一体どんな見た目のやつらが言ってるのだろう?」

という興味が湧いてきました。

人の容姿についてあんだけ言うのだから、
さぞかしあんたらは美しいのだろう。

そう思ってクイっと首を横に向け、彼女たちを見ると

・・・

・・・

・・・

まあかわいくないw

批判を浴びるかもしれないけどホントに。

こういう話をする人たちってのは大抵
「おたく、人のこと言う前に自分を鏡で見たことある?」
と言いたくなるような見た目をしているとは噂に聞きますが、
ホントにそうなんだな、と。

他人の容姿に対してどう思うかは人それぞれあることだと思いますが、
わざわざ大声で口に出して言うことではない。

それは周りの迷惑や言われた側の気持ちの問題もありますが、
一番は自分のためにならないからです。

内面は顔に出るといいますが、
不平不満を言う人は口角が下がり、暗い印象になるし、
悪口を言う人は目がキツくなります。

それに加え、
人間というのは
「周りから見られる自分になってしまう」
生き物なのです。

周囲からどういう印象を持たれているかが
自分の内面を決めているということです。

周囲から「不満が多い人」という印象を持たれたら
そういう人間になってしまうのです。

僕は別に顔の構造的に女子高生たちをブサイクと言ったわけではありません。

・内面(言葉)からにじみ出る顔の表情
・周りからそう見られて作られるセルフイメージ

この2つから発生する彼女たちの雰囲気、オーラみたいなものが、
かわいらしさを奪っているのだと思います。

自分がどういうマインドセットで生きているかが、
その発する言葉を決めているし、周囲にどう見られているかがマインドを決めてしまうのです。

だからこそ、普段自分が使っている言葉を考えてみると
他人の印象を変える、自分自身を変えるキッカケになるかもしれません。

今日は以上になります。
ありがとうございました。


〜INFINITE TIME〜 
時間を無限に生み出し成功体質を手に入れる

 

 お名前(ニックネーム可)
メールアドレス