ダラダラ過ごすことが体力を一番奪う!?

どうもKAIです。
毎日の仕事に疲れて、休日はダラダラと過ごしたいな〜
という方は僕も含めて多いのではないかと思います。

ですが、これが意外な落とし穴でして
余計に疲れを溜めてしまう危険性があるのをご存知でしょうか?

今日はそのことについて話していきたいと思います。

 

1.無目的は脳を一番消費する

 

休息というのは仕事のパフォーマンスを上げるために
すごく重要なことです。

ですが、疲れを取るためにしている行為が
実は疲れを溜めていることだとしたら本末転倒なことです。

その本末転倒なことの一つとして
”ボーっとダラダラ過ごす”ということがいわれています。

なぜボーっとダラダラ過ごすことが
余計疲れを溜めるのでしょうか?

それは

脳は無目的な時にエネルギーを一番消費する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

からです。

無目的な状態というのは意識が分散されてしまい、
脳も色んな情報を探し始め、余計エネルギーを使うのです。

この”分散”というのが脳のエネルギーを多く奪ってしまうのです。

だから無目的に
テレビのチャンネルをあれこれ変えてみたり、
Youtubeの動画を見たり、スマホを見たり、
といった行動がエネルギーをすごく消費させてしまいます。

その後に勉強しようと思ってもやる気が出ないのは
もうエネルギーがなくなってしまっているからです。

 

2.目的を持つことでエネルギー消耗を抑える

 

逆に
目的がはっきりしていれば
その行動に集中するエネルギーの消費を抑えることができます。

別にテレビやYoutubeを見ることが悪いわけではなくて
大事なのは目的を持つことなのです。

「楽しくて見たいから」とかでも全然よくて、
「疲れを取るために寝る」、「この時間はボーっとすることに使う」
とかでもいいです。

目的を持つこと、集中することというのは
それ以外の情報をシャットダウンさせることです。

だから分散を防ぐことができるのです。

そのためにも
「自分は何のためにこれをしているのか?」
を考えることがとても重要なことなのです。

だから休日を無目的に過ごすのではなく、
”自分はこの時間を何に使うのか”を明確にしてあげることが
余計な疲れを溜めない秘訣です。

目的を持つことでON/OFFの切り替えスイッチがスムーズになり、
リフレッシュできるようになるし、
よりエネルギッシュな日常を送ることができるのではないかと思います。

 

3.まとめ

無目的にダラダラ過ごしてしまうと余計に疲れを溜めてしまう。
なぜならエネルギーが分散されてしまうから。

そうではなく、何をするにしても目的を持つことで
分散が抑えられ、エネルギーの消費を抑えることができる。

目的を持った行動をすることでON/OFFの切り替えがしっかりできて、
リフレッシュできるようになる。

今回は以上になります。
ありがとうございました。


〜INFINITE TIME〜 
時間を無限に生み出し成功体質を手に入れる

 

 お名前(ニックネーム可)
メールアドレス