漫画「クローズ」に見る魅力的な男とは? 〜坊屋春道編〜

今回は漫画のキャラクターから人の魅力というものについて考えていきたいと思います。

そして今回取り上げる漫画は「クローズ」という人気漫画です。

映画化もされて知っている人も多いと思いますが
この漫画は不良校・鈴蘭男子高校に転校してきた
坊屋春道を主人公に喧嘩を中心として
あらゆるキャラと共に物語が進んでいきます。

坊屋春道は金髪オールバックで喧嘩も敵なしの強さですが
徒党を組むことを嫌い一匹狼の存在です。
だからといって常に一人でいるのかというとそうではなく、
普段は友達、仲間と遊び、ときには友達のために
自分の身を危険にさらすことも厭わない仲間思いなキャラクターです。

彼は多くの仲間に恵まれ、信頼され、尊敬され、
かつては敵だった人間も次々と彼の魅力に取り憑かれ仲間になります。

彼の魅力は一体どんな所にあるのか?

それについて考察してみたいと思います。

 

 

【魅力その①】圧倒的強さ

坊屋春道は喧嘩に関して他を寄せ付けないほどの圧倒的強さを持っています。
彼がいるかいないかで仲間の士気や戦況も大きく変化します。

この強さを「強み」と言い換えると
僕たちにも共通するものがあるかもしれません。

相対的に他人よりも優れた点があること。
これだけは負けないという強みがあることは
他人から見た時大きな魅力の一つになります。

そして自分の自信を構築する要素の一つになってくれます。

例えば野球で言えば
・速球が早い投手
・コントロールが良い投手
・一級品の変化球を持つ投手
・ミートが上手い野手
・遠くに飛ばすことに長けた野手
・バントが格段に上手い野手
・強肩を持つ野手
・盗塁が上手い野手

といったように人によって強みは様々です。

「あいつのあそこには負けてるけど俺にはこれがあるから。」
という”これだけは負けない”という分野を何か一つあれば
他人と比較して変に自信を失うことなく
”俺は俺だ”というメンタリティーを生むことができると思います。

何でもいいと思います。
自分の好きなこと、、
カラオケでも漫画でも映画でも将棋でも釣りでも・・

別に世界でトップ10に入る必要なんかなくて
自分の日常生活で関わる人の中でのトップ10ぐらいで十分じゃないかと思います。

誰にも負けない強みを持っているからこそ
相手の強みも素直に受け入れられるし、
そこに嫉妬心や劣等感を感じることがなくなるのではないでしょうか。

 

【魅力その②】自分の信念に生きている

坊屋春道は基本誰と接していようが、
自分のスタイルを変えることはありません。

別にビビることもなければ、
媚びを売るようなこともしません。

喧嘩が強いあまり、周囲がリーダーや頭(ヘッド)に持ち上げラれようとしたり、
舎弟にしてほしいとお願いされたりしますが、
彼は断固として断りますし、決して人の上に立とうとはしません。

それは彼には
”俺は組織に属するよりも遊びたいやつと遊んで自由に生きるんだ”
という信念があるからだと思います。

自分の信念に生きることを大事にしているから
他人に合わせて生きたり、
他人に振り回されたり、
人の目を気にして生きることに対して
勿体ないと感じてるんじゃないかと。

人は自分の信念に生きている人を見ると
魅力的に感じます。

なぜなら人は弱くて軸がぶれてしまう生き物だからです。
だから自分の信念に生きているヒーローや主人公に憧れるのです。

 

 

【魅力その③】スキがある

彼は決して完璧な人間ではありません。
そして結構スキがあります(笑)

どんな所かというと
スケベで女好きだったり、高校をダブったりしてます。

もちろんそのユルさもいい所の一つですが
それ以上に僕が魅力を感じるのは
それを”隠さない”という所です。

普通、人は自分のスケベ心とかみっともない所を
隠そうとしますが彼はそんなことしませんし、
自分を卑下することもしませんし、
むしろ堂々とオープンにしています。

そんなありのままの自分でいられる”強さ”に
魅力を感じてしまうのです。

後ろめたさや世間体を意識すると気になったり、
隠したくなることなんかより、
自分の気持ちを大切にしていることの表れだと思います。

しかもそういったスキを見せながら
大事なときにバシっと決めるあたりのギャップが
かっこよさを感じる点ですよね(笑)

探せばもっと出てくると思いますが
今回はこの3つを取り上げました。

漫画や映画のキャラクターから
魅力とか自信とか影響力とか
考えてみると面白い発見があって楽しいですよ。

みなさんもぜひ試して見てください。
今日は以上になります。

ありがとうございました。


〜INFINITE TIME〜 
時間を無限に生み出し成功体質を手に入れる

 

 お名前(ニックネーム可)
メールアドレス