望む現実にラクラク行動するためのテクニック

 

どうもKAIです。
今回は目標達成についてお話ししていきます。

・お金持ちになりたい
・異性にモテたい
・自由な時間が欲しい
・魅力的な人間になりたい
・信念を持った強い人間になりたい

人には様々な手に入れたい現実があります。
そして、それを達成するために目標を立てて行動します。

ですがいざ目標を立てても行動できない人たちが多くいます。
それは以前にも

行動したいけどできない人が陥る3大原因と行動力とチャンレンジ力を3倍にする対処法

で話をしました。

もちろんその内容を踏まえてもらえば行動力は上がると思います。

ですが望む現実を手にいれるためには
「目標の立て方」も凄く重要で
これが上手くできないと
前回話した対処法を実践しても
行動できないこともあり得るのです。

それだけ目標の立て方は
重要なことなので
今日は「正しい目標の立て方」ついてお話しします。

 

【1】やることはわかっていても行動できない理由

・月収100万稼ぐぞ!
・異性にモテるぞ!
・国公立大に合格するぞ!
・10kg痩せるぞ

望む現実を手にいれるために
目標を立てる人は多いと思います。
ですが大半の人は目標を立てても
その目標を達成することができません。

それは”やる気”や”モチベーション”が
湧かないからです。

受験勉強したいけど
やる気が出ない

筋トレしたいけど
やる気が出ない

誰にでもこういった経験はあると思います。

モチベーションが湧かなくて
1日を無駄に過ごしてしまうことは
過去僕にもたくさんありました。

そういう日って1日の終わりに
後悔するんですよね(笑)

やる気やモチベーションが湧かない日が
あるのは人間なので当たり前です。

何が大事かというと
やる気やモチベーションに頼らずとも
自然と呼吸するように行動できるようになることなのです。

 

【2】呼吸するように自然と行動できる方法

やる気やモチベーションに頼らず
自然と行動するためにはどうしたらいいのか?

それは

ハードルを下げる

ということです。

例えば受験勉強で言えば
「1日5時間5教科勉強する」
という目標を立てていたとします。
これって結構ハードル高いんですよ。
(僕の場合は・・笑)

勉強を始めようとする時に
5時間5教科をこなすことを考えると
脳は膨大なエネルギーを使うんじゃないかと
判断して行動することをストップさせようとするのです。

行動することに凄く抵抗を感じてしまいます。

つまり
脳にたくさんのエネルギーを使うことを予想させると
危険信号を出して行動を止めようとするのです。

筋トレも同じです。
目標を高く設定しすぎると
脳が行動をブロックしてしまうのです。

5時間5教科という(僕にとってw)ハードルの高い
目標を低く設定するのです。

どうすればいいのかというと
「5分でいいから机に座って教科書読もう」
「1問でいいから問題集を解こう」
という感じです。

そうすれば行動のハードルが下がって
スムーズに取り組めるのです。

それでも
勉強する気が全く起きなければ
一旦それは保留しておいていいと思います。

なぜなら
「5分でいいから机に座って教科書読もう」
という目標はそれで達成されてますから。

行動のハードルが下がると行動しやすいのは
みなさんもどこかで経験しているはずです。

例えばノドが乾いて水が飲みたくなったら
冷蔵庫を開けて飲みますよね。
冷蔵庫になければコンビニや自販機まで
買いに行きますよね。

これも「水を飲む」という目標に対しての行動です。

これが誰にでもできるのは目標のハードルが
すごく低いからなのです。

じゃあ他の例えで見てみましょう。

女性にナンパするとき、大体の男は
・嫌われないかな?
・無視されないかな?
・断られたらどうしよう?
と考えて怖くなり
フリーズする(固まる)人が多いです。

彼らがフリーズしてしまうのは
目標のハードルが高すぎるからです。

・連絡先を交換したい
・好意的に思われたい
・食事に行きたい
・あわよくば・・・

といったように先の未来を目標にしているのです。

もし声をかけたいけどフリーズしてしまうなら
もっとハードルを下げた方がいいです。

・笑顔で話しかけよう
・相手に目を合わせてもらおう
・大きな声ではっきり話そう

といった具合に目標を設定すれば
自分の行動にだけ意識すればよくて
相手に好かれようとかそんなことは
対象外になります。

だから他人を気にせず行動できるし
以前の記事でも話した失敗の恐怖というのが
なくなるからです。

目標が達成できないと
「俺はダメなんだ」
と自信をなくす人が多いのですが
それは間違いです。
あなたがダメなんじゃなくて
目標が高すぎるだけなんです。

ハードルを下げれば
目標を達成する確率は大幅に上がります。
それが自信につながることもあります。

目標を大きく立てても勿論良いのですが
行動に落とす時はハードルを下げることを
意識して行ってみてはいかがでしょうか?

その方がラクに継続して
行動できるのではないかと思います。

 

【3】まとめ

・目標を立てても行動できないのは
 やる気やモチベーションが下がっているから

・やる気やモチベーションに左右されず
 呼吸するように自然と行動できるのがベスト

・多くの人は目標のハードルが高すぎる
 もっと目標設定のハードルを下げた方が楽に行動できる