オーラがある人とない人にはたった1つの意識の違いだった?

どうもKAIです。

仕事、恋愛、遊び、食事、睡眠・・

僕らは日常生活を過ごすにあたって
色んなことをしますよね。

色んなことをするということは
当然エネルギーを使うということです。

そして
睡眠や食事でエネルギーを回復します。

一見みんな同じような生活スタイルなのに
「この人は元気があるな〜」
「ポジティブだな〜」
と思う人もいれば

「この人覇気がないな〜」
「いつも疲れてるな〜」
と思う人もいるわけです。

僕の職場でも
いつも暗い表情で仕事をしていて
ちょっと忙しくなるとすぐにイライラしている人もいます。

これは性格や個性によるものも一理ありますが
それ以上に普段の生活における意識が問題に
なっていることの方が多いように感じます。

今日はそのあたりについて話をしていきますね。

 

【1】オーラがある人とない人の違い

みんなほとんど同じ生活スタイルを送っているのに
なぜエネルギーに満ちた人とそうでない人に分かれるのでしょうか?

よく世間でオーラがあるとかないとかの話を聞きますが
エネルギーがある人はオーラがあります。
エネルギーがなければどんなに頑張ってもオーラは感じません。
この違いに関しては先程も言ったように
性格もあるし、
極端な食生活や睡眠不足な生活ももちろん関係しています。

ですが
普段の意識だけで圧倒的な差がつくことがあります。

それはどんな意識かというと

全力で生きる

ということです。

 

今できることを
全力でやっているか
全力でやっていないか
でエネルギーの差は大きく変わります。

 

この間居酒屋に行った時の話しですが
接客をしていたバイトの女の子が
すごく無愛想で面倒くさそうにダラダラ仕事をしていたんです。

その態度を見て少しイラっとしてしまったのですが、
そんなことでエネルギーを下げるのは勿体ないので
「きっと彼女には嫌なことがあったんだろう」
「彼氏にフラレたのかもしれないな」
とか思って特に気にすることはしませんでした。

真意はわかりませんが、
もし彼女が仮にただバイトがめんどくさくて
そういった態度になっているとしたら
すごく勿体ないことをしているなと思います。

なぜならダラダラ仕事をすればするほど
余計に疲れるからです。

 

【2】何事も全力でやった方が良い理由

「何事も全力でやる」と聞くと
「なんかしんどそう・・」
と感じるかもしれません。

でもそんなことありません。

むしろダラダラと面倒くさそうにやることの方が
圧倒的に疲れます。

全力で何かをしている最中
脳はネガティブなことを受け入れるキャパがないんです。

つまり全力でやっていると
面倒臭いとかだるいな〜とか
考える余地がなくなるということです。

ネガティブな精神状態は
エネルギーがものすごく下がります。

だからなるべくネガティブにならないために全力でやることが
自分にとっても
周囲の人にとっても
社会にとっても
良いことなのです。

しかもそういった行動って
周囲は見ています。

そういう全力な姿を見て
応援してくれる人も増えるし
助けてくれる人も
現れるのです。

運が良いと言われる人がいますが
そういった人って
全力で生きている姿を見て応援される人だからじゃないかと
僕は思っています。

自分にとっても疲れにくくなるし
周囲の人たちが見ても気持ち良いし
社会にとっても良いことです。

これは別に仕事のことだけを言っているわけではなくて
恋愛でも遊びでも食事でも家族サービスでも睡眠でも
なんでもそうです。

ダラダラやるのが一番良くないです。

だからまずはこれを読んだ直後から
意識して実践してみると
体感として感じることができるんじゃないかと思います。

 

【3】まとめ

オーラがある人とない人の違いは
エネルギーがあるかないか。

ダラダラと面倒くさそうにやると
余計に疲れてエネルギーを消耗する。
→エネルギーのない人間になる

全力で生きることで疲れにくく
エネルギーは減りにくい
→高いエネルギー状態でいられる

仕事でも遊びでも恋愛でもなんでも
全力で取り組んだ方が成功に近づける

その姿を見た周囲も応援してくれる。

以上です。
ありがとうござました!

 

読むだけでも進化のヒントが得られます。
”本能的魅力的”に興味がある方は以下をクリック
↓↓↓

 

商品紹介ページ