人生を良くするためにこれだけは避けられない成功法則

 人生を良くする戦略として色んな要素がありますがその一つに

貰うより与える
~~~~~~~

ということがあると思っています。

どういうことかというと不満や愚痴が多く
人生に充実感を感じてない人や人生があまり良くならない人、
もっと強い言葉で言ってしまうと人生がつまらない人は常に貰うことばかりを考えています。

サラリーマンで言えば「給料上げろ」と言いつつ
給料に見合った仕事はしない人とか仮に給料が上がったとしてもその分頑張るわけでもない人。

そういった人たちは他責で常に損得感情で動く人たちです。

だから

貰う > 与える

という不等式が成り立ちます。

GIVE and TAKEという言葉がありますが
彼らはTAKE and TAKE とも言えると思います。

一方、人生を良く生きている人たちは
GIVE and GIVEのマインドを持っています。

彼らは自責で損得感情では動きません。

だから会社の給料が低くてもそれは自分の責任だと認識しています。
(あまりにも不当な場合を除いて)

だから自分の価値を高めようという発想になります。

そしてその会社でもっと活躍するか自分を成長させ
自分の価値がもっと高まる場所で仕事をしようとするのです。

GIVE and GIVEと聞くと自己犠牲に聞こえるかもしれませんがむしろ逆です。

TAKEばかりする人たちは相手から貰おうとするわけなので
相手から貰うために下手に出たり、自分を下げようとすることがあるのです。

そうなると他人の人生を生きてしまうことになるのです。

GIVEの多い人たちは別に相手から貰おうとか考えず
自分の意思で与えるだけなので常に自然体でいられます。

だから決して他人に媚びることはないし堂々としていられます。

しかもGIVE and GIVEという見返りのない行動は
周囲の人間から信用され、その人たちはいずれ味方になってくれます。

特にステージの高い人間はこういう行動ってすごく見てますから。
いきなりその人に引き上げられることもあるのです。
(そういった経験をした人の話を何人も聞いたことがあります。)

トップ営業マンやビジネスで成功している人たちは
このGIVE and GIVEを間違いなく使っています。

特に人間関係の構築段階やビジネスの立ち上げ当初は。

GIVE and GIVEが実は自分の人生を生きられるというのは
知る人ぞ知るパラドックスだと思います。

だから自己犠牲ではなく自分の人生を良くするという意味で
GIVE and GIVEというのはすごく大事なマインドです。

「自分にGIVEできるものはありません」という人がいますが
本当になんでもいいと思うんです。

道に落ちてたゴミを拾うでも、誰かを応援するでも
人の荷物を持ってあげるでも、どんな簡単なことでも
そんな行動がマインドを少しずつ変えていくはずですから。

今日は以上です!

ありがとうございました。